(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ美術展示室動物たちのうたた寝 水辺の淵で夢を見る 新聞紙のこよりによる動物アート 一ツ山チエ展
 
2018年5月14日 更新
印刷用ページを開く
動物たちのうたた寝 水辺の淵で夢を見る 新聞紙のこよりによる動物アート 一ツ山チエ展
2018年7月7日(土)〜 8月26日(日)
10:00 〜 18:00 
調布市文化会館たづくり1階展示室《入場無料》
作品の画像
国際紙パルプ商事株式会社 TSUNAGUギャラリー

会期   2018年7月7日(土)〜 8月26日(日)
休館日  7月23日(月)・ 24日(火)
時間   10:00〜18:00
会場   文化会館たづくり1階 展示室
入場料  無料
主催
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団
後援
調布市教育委員会     
J:COM 
調布FM 83.8MHz
内容
 新聞紙を細く裂いて寄り合わせたこよりや紙紐を幾重にも重ね、ほぼ等身大の動物を制作している造形作家 一ツ山チエさん。生まれ育った静岡県富士市は“紙の町”としても栄え、子どもの頃山積みになった紙の廃材で遊んでいたことが制作のルーツにもなっています。
 本展では、野生に暮らす動物たちが水辺で過ごすワンシーンをテーマに、大きなカバなどの立体作品を展示します。リラックスしているような表情や、躍動感を感じる姿など、まるで息づかいが聞こえてきそうなほどリアルで写実的な表現にもご注目ください。
 一ツ山さんがリアリティを追求する理由は、密猟者により傷つけられた動物の現状を知り、“彼らの命そのもの”を表現し、伝えたいからだといいます。過酷な自然を懸命に生きる動物たちの輝きをいきいきと再現している作品たちが、改めて “命の大切さ”について考えるきっかけとなれば幸いです。
 この夏、新聞紙でできた動物たちとの出会いをどうぞお楽しみください。
作家プロフィール
一ツ山 チエ (ひとつやま ちえ)

1982年静岡県生まれ。
2004年東京工芸大学芸術学部 デザイン学科卒業。

主な展覧会
2018年『かばのあくび』国際紙パルプ商事TSUNAGU GALLERY/東京
2017年"MATT Construction Downtown Los Angeles Office Opening Event"Exhibition / MATT Construction Corporation ロサンゼルス
2016年『To hear your footsteps』Museum of Art and History(MOAH) /ランキャスター2016年『Paper Trails』Jai & Jai Gallery /ロサンゼルス
2014年『大海原に旅に出る』船橋アンデルセン公園こども美術館 /千葉
2013年『Gift of life 一ツ山チエ展〜新聞紙に吹き込まれた生命』動物たちの強さと優しさ  琉球新報社主催 /沖縄
2013年『かみのこもりうた〜新聞紙から生まれるいのち 』GINZAMITSUKOSHI GALLERY /東京
2012年『大地に生きる』LIXIL GALLERY /東京
2011年『GORILLA'S MOM』H.P.FRANCE WINDOW GALLERY /東京
出展者の画像
作家ごあいさつ
カバやナマケモノがのんびり過ごす風景。
ナマケモノは一日に20時間も寝るらしい。
カバは一日の大半を水の中で過ごし大きな体を保てるようにしているらしい。
動物たちには、自然の中で生き残るためのそれぞれの形や習性があり楽しく暮らせるように工夫されているように見えます。
動物の気持ちになって考えたり動物の生き方に影響されたりしながら制作しています。
作品を通して自然や命というものを素直に考える小さなきっかけとなったらいいなと感じています。

また、今回の展示ではHITOTSUYAMA.STUDIOが丸ごとお邪魔して公開制作を行います。新聞紙がゆっくりと小さく積み重なって形ができていく過程をご覧いただけます。
公開制作
「なんの動物ができあがるかな?」
会期中、毎日公開!
 一ツ山チエさんとHITOTSUYAMA.STUDIOのメンバーが展示室内で作品を制作する過程を、間近で見ることができます。また、その場で新聞紙をくしゃくしゃに丸めたり、グリグリねじったり、簡単な作品制作のお手伝いにもご参加いただけます。夏の思い出に、スタジオメンバーとの動物作りに参加しみてはいかがでしょうか?最終日間近には、作品も完成します!!いったい、なんの動物が生まれるのでしょうか・・・?
 
ヒントは水辺に住んでる動物だよ!!
 
一ツ山チエさんやHITOTSUYAMA.STUDIOのメンバーの休憩時など不在にすることもありますので、ご了承ください
一ツ山チエさんとHITOTSUYAMA.STUDIOのメンバーが交代で制作します。一ツ山チエさんが不在の場合もあります
作品の画像
作品の画像
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから