(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ美術リトルギャラリー南部菱刺し 伝えたいおもい
 
2019年1月21日 更新
印刷用ページを開く
南部菱刺し 伝えたいおもい
作品のイメージ
会期      2019年2月5日(火)〜2019年3月21日(木・祝)

休館日    2018年2月23日(土)〜26日(火)
公開時間   10:00〜18:00
会場     文化会館たづくり9階 リトルギャラリー
料金     入場無料
内容
長岡喜美子さんが手がけている作品は、青森県南部地方の農村で古くから、継承されている刺し子の一種・南部菱刺しです。梅の花、キジの足などの八戸の自然が表現された菱形の模様は、親から子へ手の技でのみ伝えられてきました。この文化を途絶えさせないよう、長岡さんは現代の生活でも使える身近なバックや小物に取り入れました。工夫を凝らした作品の数々をどうぞご覧ください。
作品のイメージ
作家よりひとこと
南部菱刺しは、八戸を中心とする青森県南部地方の農村で麻の衣類(
(主に農業着や前ダレ)の保温補強のために刺された刺し子の一種です。親から子へ手の技でのみ伝えられたパターンは集落によってもオリジナルのものがあり、ひし形の中に、キジの足、梅の花、べこのくらなど、八戸の自然や生活を表現し、その模様は400通り以上もあります。前回は平成25年にリトルギャラリーで展示させていただきました。展示がきっかけで、サークルにもなり、現在ではメンバーが30名近くに増えました。この優れた日本の文化を途絶えさせないよう、現代の生活に生かし、身近に取り入れることによって継承していけるよう工夫したバックや小物などの日用品を展示します。
アンケート回答者へプレゼント
会場のアンケートにご回答いただいた方の中から、抽選で1名様に長岡さん作のポーチをプレゼントします
リトルギャラリーとは
たづくり9階の廊下沿いには、はめ込み式のガラスケースが5つ並んでいます。
この「リトルギャラリー」では、公募による市民の皆さまの小さな個展やコレクション展を開催しています。
リトルギャラリー出品者募集中!
詳しくはこちら
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから