(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演生で聴く”のだめカンタービレ”の音楽会vol.4 ピアノ版+(プラス)
 
2019年4月3日 更新
印刷用ページを開く
生で聴く”のだめカンタービレ”の音楽会vol.4 ピアノ版+(プラス)
タイトルの画像
(c)二ノ宮知子/講談社

公演日  2019年8月10日(土)

開場   13:30
開演   14:00

会場   グリーンホール 大ホール

料金   全席指定     
     【一般】3,500円 
     【ちょうふアートプラス会員】3,150円
     【U22】2,450円
      ※U22は、22歳以下対象、各種割引併用不可

発売日  【ちょうふアートプラス会員】 5/17(金)
     【一般】 5/24(金)

出演者  高橋多佳子(ピアノ)
     茂木大輔(オーボエ) 
     河村幹子(ファゴット)

企画:茂木大輔/高橋多佳子/(公財)かすがい市民文化財団
制作:M Music Labo



ホール座席表    チケット購入方法


内容

大人気漫画「のだめカンタービレ」の世界を、映像と楽しいお話と共に、ピアノ曲を中心にお届けします。

今回は、地元調布のピアニスト 高橋多佳子が、茂木大輔、河村幹子と“ヤキトリオ”を結成するスペシャルバージョン!

スクリーン投射した原作イラストと演奏を同時にお楽しみいただけます。のだめ愛あふれる演奏と、お話をお楽しみに!

予定曲目
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13 《悲愴》より 第2楽章
交響曲第3番 変ホ長調 作品55 《英雄》より 第1楽章(抜粋)
ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
ポロネーズ第6番 変イ長調 作品53《英雄》
練習曲 嬰ハ短調 作品10-4
ガーシュウィン:《ラプソディー・イン・ブルー》(抜粋)
ドビュッシー:喜びの島
ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》より第1楽章
プーランク: オーボエ、ファゴットとピアノのための三重奏曲 ほか
※順不同。曲目は都合により変更になる場合がございます
出演者の画像
(c)Akira Muto
高橋多佳子(ピアノ)
1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位入賞。以後ポルト国際コンクール第2位、ラジヴィーウ国際コンクール第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞など、輝かしい受賞歴を有する。桐朋学園大学卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。その後10年にわたりポーランドで研鑽を積む。国立ワルシャワ・フィルをはじめ、新日本フィル、東京フィル、札響、京都市響、名古屋フィルなど、国内のほとんどの主要オーケストラと共演を重ねている。すでに18枚のCDをリリースし、その多くが“レコード芸術誌特選盤”となる。2006年からはソロ活動に加え、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成し各地で演奏活動を行う。2010年より《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加。同年3月より浜離宮朝日ホールにて全4回に亘る《ショパンwithフレンズ》〜奇跡の年〜シリーズを開催、各会ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。2014年からは主要ソナタをプログラムの中心に据えた自主企画シリーズ《名曲達の饗宴》を開催するなど、ますます意欲的な活動で大きな注目を集めている。
茂木大輔(オーボエ/「のだめカンタービレ」ドラマ・アニメのクラシック監修)
ミュンヘン国立音楽大学院修了(オーボエ専攻)。1986年からシュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団の第1オーボエ奏者をを経て、1990年から30年間に渡りNHK交響楽団首席オーボエ奏者を務めた。2018年、その功績によりN響より「有馬賞」受賞。2019年3月をもってN響を退団し指揮者となった。指揮活動には1996年から取り組んでおり、オーケストラの楽器、バッハの教会音楽、ベートーヴェンのシンフォニー等の解説コンサートで全国的に活躍。若手在京プレーヤーを中心とした「もぎオケ管弦団」(コンサートマスター:永峰高志)を率いてライヴCDも発売するほか、現在までに仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団など多数の団体を指揮している。2009年より東京音楽大学および大学院にて指揮実技、音楽理論、スコアリーディングなどを学び2013年卒業。指揮を故岩城宏之および外山雄三、広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。執筆でも知られ、「オーケストラ楽器別人間学」(新潮文庫)など多数の著書がある。最新刊はドイツ語単語からの連想エッセイ「アイネクライネなわが回想」(幻戯書房)。
出演者の画像
出演者の画像
河村幹子(ファゴット)
13歳より岡崎耕治氏の下でファゴットを始める。東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校、同大学卒業。DAADの奨学生として渡独。ハノーファー音楽大学入学、国立ミュンヒェン音楽大学マイスタークラッセ(大学院)修了。市立アウグスブルグ歌劇場首席奏者を経て、現在新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者。東京藝術大学音楽学部、日本大学藝術学部非常勤講師。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、Korean Chamber Orchester,チャンヲン市立交響楽団、神戸室内演奏団など、指揮者は小澤征爾氏、ゲルハルト ボッセ氏、上岡敏之氏などと共演。これまでにファゴットを岡崎耕治氏、Prof.エバーハルト マーシャル、Prof.クラウス トゥーネマン、伊達博氏に師事。
チケット プレイガイド
◆ チケットCHOFU 
TEL 042-481-7222
発売初日の窓口販売はありません。9時から電話・インターネットのみで受付
■e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯共通)
■チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード:147-752)

◆取扱窓口
(発売初日の窓口販売はありません)
調布市グリーンホール/調布市文化会館たづくり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※団体割引(10枚以上、5/24以降)、ハンディキャップ割引(500円)、U22割引は、チケットCHOFU電話、取扱窓口で購入時にお申し出ください。ただし会員割引等との併用はできません ※未就学児の入場はご遠慮ください(事前申込制有料保育サービスあり)※2階席へのエレベーターはありません。階段をご利用ください※お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はできません
ホール座席表    チケット購入方法
本文終わり
ページのトップへ
芸術振興事業課 舞台芸術係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから