(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演ローマ・イタリア管弦楽団「ローマの休日」全編上映ライブ・コンサート
 
2019年7月23日 更新
印刷用ページを開く
ローマ・イタリア管弦楽団「ローマの休日」全編上映ライブ・コンサート
映画 ローマの休日のイメージ

公演日  2020年1月9日(木)
開場   12:00 開演   12:30
会場   グリーンホール 大ホール
料金   全席指定       S席 【ちょうふアートプラス会員】6,750円        【一般】7,500円        【U22(22歳以下)】 6,000円      A席 【ちょうふアートプラス会員】4,500円        【一般】5,000円        【U22(22歳以下)】 3,500円      見切れ席       【ちょうふアートプラス会員】3,150円       【一般】3,500円       【U22(22歳以下)】 2,800円
発売日  ちょうふアートプラス会員  8月6日(火)      一般  8月9日(金)
出演   ローマ・イタリア管弦楽団
主催   インプレサリオ東京

映画史に燦然と輝き続ける名作に、ローマ・イタリア管弦楽団の奏でる演奏が命を吹き込む!
銀幕の妖精オードリーの愛らしい笑顔とともに懐かしいひとときを。

予定演目:シネマ・ライブ・コンサート「ローマの休日」

巨大スクリーンで楽しむ不朽の名作の全編上映ライブ・コンサート。作品中の名曲をオーケストラの生演奏でお楽しみください。

当時新人であったオードリー・ヘップバーンをアカデミー賞最優秀主演女優賞に導いた名作として知られる本作。音楽はフランスの作曲家で映画音楽の大家として知られるジョルジュ・オーリックが手掛けています。見るものの感性を刺激するオーリックのめくるめく音の世界と、オードリーがスクリーンに輝く名映画を、ローマゆかりのオーケストラの生演奏でお楽しみください。
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
映画 ローマの休日のイメージ
出演者情報
ローマ・イタリア管弦楽団 Orchestra di Roma Italia
1990年設立。管弦楽団としての活動の傍ら、アンサンブルや室内合奏団としての公演も行い、スペインやフランス、オランダ、アメリカ、日本など各国にてツアー公演を行っている。クラシックだけでなく、特にイタリア映画のミュージックシーンにおいて定評があり、様々なサウンドトラックのレコーディングに呼ばれている。特にエンニオ・モリコーネとゆかりが深く、モリコーネ作曲映画作品のレコーディングを数多く手がけた。また、ロベルト・ベニーニ監督、ニコラ・ピオヴァーニが音楽を担当したアカデミー受賞作品“ライフ・イズ・ビューティフル”や、マイケル・ラドフォード監督の“イル・ポスティーノ”のサウンドトラックを収録している。これまでの日本公演では、鈴木雅之、森山良子など日本を代表する歌手や、大河ドラマ作曲家の吉俣良などとも共演し、各地好評を博した。現代音楽へのその高い順応性と技術から、ポップミュージックからクラシック、ジャズに至るまでの幅広いジャンルにおいてイタリアを代表するオーケストラのひとつとして活躍中。
指揮者/ニコラ・マラスコ Nicola Marasco
イタリア生まれ。U.ジョルダーノ音楽院にてピアノと指揮学、電子音楽を専攻。その後、ペスカーラ音楽院に進学。オーケストラ指揮を学び、P.ベルージやJ.パヌラ、リッカルド・ムーティらに師事している。2004年、スポレート劇場の奨学金プログラムを勝ち取り、2005年には、ジュゼッペ・パターネ指揮コンクールにて優勝、2007年にはボローニャ劇場の奨学金を授与される。若くして指揮者としてのキャリアを順調に歩み、これまでにフェニーチェ・フィルハーモニーック・オーケストラやイタリアン・フィルハーモニック・オーケストラ、ペスカーラ・シンフォニー・オーケストラなど、数多くのオーケストラとの共演を果たしている。
コンサートマスター/アントニオ・ペッレグリーノ Antonio Pellegrino
イタリアの音楽一家に生まれ、幼少期より父親にヴァイオリンを習う。仕様楽器は1700年代の製造。現在はコンパボッソ音楽院にて教鞭をとる傍ら、ヴァイオリニストとしてRAIシンフォニー・オーケストラやローマ歌劇場、バーリ歌劇場(ペトゥルッツェッリ)にて演奏をしている。1990年にローマ・イタリア管弦楽団を設立。1997年からはローマ歌劇場に第二ヴァイオリンとして所属契約し、一時期はコンサートマスターも務めた。若き音楽家の育成に熱心で、1999年から、F.フェナローリ音楽院やアブルッツォ・ユース・オーケストラにて演奏法を教えている。
プレイガイド
■ 公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
チケットCHOFU
TEL 042-481-7222 (9:00〜19:00。第4月曜休。変則あり)
インターネット予約(要会員登録)  https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/
アートプラス会員はチケット一般価格より2枚まで10%オフ
■ インプレサリオ東京チケットセンター 
TEL 03-6264-4221
■ チケットぴあ 
TEL 0570-02-9999 (Pコード 156-085)
■ ローソンチケット 
TEL 0570-000-407 (Lコード 32479)
■ e+(イープラス) 
http://eplus.jp/ (PC&携帯)
発売初日の窓口販売はありません。電話(チケットCHOFU)とインターネットでは9:00から、その他のプレイガイドでは10:00から販売を開始します。
U22、団体割引(10枚以上1割引。8月9日以降)、ハンディキャップ割引(障害者手帳をお持ちの方500円割引)は、調布市グリーンホール、調布市文化会館たづくり、調布市せんがわ劇場で購入時にお申し出下さい。
U22、団体割引・ハンディキャップ割引は、会員割引等との併用はできません。
未就学児の入場はご遠慮ください。
2階席へのエレベーターはありません。階段をご利用ください。
お買い求め頂いたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます。
本文終わり
ページのトップへ
芸術振興事業課 舞台芸術係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから