(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ財団について財団概要財団概要
 
2015年4月6日 更新
印刷用ページを開く
財団概要
公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団について紹介します。
調布市民の芸術・文化の向上と地域社会の発展を目指して
当財団は、劇場・音楽堂等の活性化に関する法律(劇場法)を見据えたミッションを策定し、これらを実現するために
調布市における芸術・文化の振興事業、市民の自主的文化活動の育成、コミュニティ活動の振興及び生涯学習事業の企画運営と、
「調布市文化会館たづくり」「調布市グリーンホール」の管理運営を行っています。
平成26年4月1日から、文化会館たづくりとグリーンホールの指定管理者として指定を受けました。  
(指定期間は、平成30年度までの5年間)
戻る
概 要(平成27年4月1日現在)
設立 平成7年3月31日(平成23年4月1日移行)
基本財産 5億円
代表者 理事長 荻本 貞臣
事業費 1,403,602,000円(平成27年度事業計画)
■財団のミッション  
T 心の糧となる芸術・文化の推進  U さらなるコミュニティの活性化  V 利用者目線に立った良質なサービスの推進と提供
W 市民の生活に密着した身近な施設の実現  X 文化の中心地として誇りに思える施設
 
■たづくりのミッション  
T 芸術・文化の裾野拡大と普及  U 利用者目線の施設運営  V 芸術・文化の情報発信と提供の拠点
 
■グリーンホールのミッション  
T 多彩で良質な文化事業の創造  U 親しみと参加しやすい鑑賞の場  V 市民の潜在力向上  
W 貸し館サービスのCS(顧客満足)向上
 
事務分掌
総務課
組織の経営に関することおよびたづくり、グリーンホールの施設の
指定管理(施設)に関すること
コミュニケーション課
市民への情報発信、マーケティング、市民や地域との双方向の交流促進、
文化・芸術をとおしたコミュニティの活性化に関すること
たづくり事業課
たづくりにおける事業運営、指定管理(事業)および地域での
芸術・文化の普及に関すること
グリーンホール事業課
グリーンホールにおける事業運営、指定管理(事業)および地域での
芸術・文化の普及に関すること
戻る
財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団設立趣意書
調布市は、豊かに流れる多摩川や武蔵野のみどりに囲まれた深大寺など、自然と歴史に恵まれたまちであり、恒久平和を願い、自由と平等を尊び、市民自治の精神を高く掲げて、先人からの文化や歴史を継承し、市民相互の融和とコミュニケーションの醸成を図りながら、魅力的で活力あふれた地域社会を築きあげてきました。
 
そして、平成元年度には、21世紀を展望した「第三次基本構想」を策定し、市民誰もが幸せに暮らせる人間性豊かな地域社会の実現を目指し、各種施策を推進しているところであります。
しかしながら、近年における、高齢化、高度情報化、国際化等の進展に伴う、労働時間の短縮等による余暇時間の増大や生活様式の変化と、人々の価値観の「もの」から「こころ」への変化が、文化やコミュニティ、さらには学習といった幅広い分野での市民活動の質的な向上と量的な拡大をもたらしました。
 
また、これらのことは、今後のまちづくりに当たって地域間の連携と市民自らが責任と主体性をもって地域社会を建設していく必要性と重要性をも再認識させるものとなりました。
今後、ますます多様化し、高度化する市民のこれからの活動や要望に的確に応え、変化の激しい社会の動向に対応していくためには、行政を補完し、行政の持つ限界と制約を克服した新たな組織や枠組みで、弾力的な運営と柔軟性に富んだ事業の展開が求められています。
 
このことから、ここに財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団を設立し、芸術文化の振興を図るための事業を行うとともに、市民の自主的文化活動の育成、コミュニティ活動の振興及び多様な学習要望に応えるための生涯学習に関する事業を行い、もって市民の文化の向上と地域社会の発展に寄与するものであります。  <平成7年3月>
事業内容
美術振興事業
たづくりの展示室をメイン会場に美術関連のイベントを開催し、
鑑賞者の拡大と次代を担う子どもや若年層が参加できる機会を増やし、美術の楽しさの普及に取り組みます。
・美術展覧会、リトルギャラリー
 
芸術振興事業
たづくり、グリーンホール、市内地域でクラシック音楽、古典芸能などのイベントを開催し、
子どもから大人まで気軽に鑑賞する機会をとおして芸術・文化の普及、振興を行います。
・クラシック音楽、古典芸能・演劇 ほか
 
体験・育成事業
各イベントで気軽に楽しめる体験イベントや次代を担うアーティストの育成支援を行います。
 
映像文化事業
歴史や産業、多くのイベントをとおして産学官民の連携のもと、「映画のまち調布」を推進します。
・調布映画祭、調布シネサロン ほか
 
文化祭事業
調布市、調布市教育委員会、調布市文化協会とともに、市民の芸術・文化および学習活動の発表の場、文化交流とコミュニティの醸成の場として調布市民文化祭を開催します。
・調布市民文化祭
 
地域コミュニティ活性化事業
芸術・文化を愛好する市民の交流の場づくりと、芸術・文化をとおした豊かな人間関係をもった
地域づくりのサポートをします。
・調布よさこい・地域コミュニティ活性化推進事業 ほか
 
芸術・文化学習事業
学習の機会を提供し、芸術・文化への興味、関心を高めるきっかけづくりに取り組みます。
・ちょうふ市民カレッジ・市内近隣大学等公開講座 ほか
 
活動援助事業
芸術・文化コミュニティや地域コミュニティの市民活動へ、テントや椅子など用具や
サークルロッカーの貸し出しなどで市民の活動を支援します。
・コミュニティ用具、サークルロッカー、印刷機の貸出し
 
施設管理運営
市民の立場に立った運営を心がけ、安全、安心、快適で誰にも優しい施設、
親しみやすい、コミュニケーションを大切にした、市民が愛着と誇りをもてる施設を目指します。
・たづくり、グリーンホールの貸出し ほか
戻る
財団シンボルマーク
このマークは、調布(CHOFU)、文化(CULTURE)、コミュニティ(COMMUNITY)、
の共通する英頭文字「C」をモチーフに、芸術・文化を盛り上げる市民の姿を明るく表現し、
ふれあい、創造、調和、飛躍を象徴しています。  
全国一般公募により、寄せられた作品の中から選出しました。
本文終わり
ページのトップへ
総務課 総務係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6131  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから