(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ映像ショートフィルム・コンペティション20th CHOFU SHORT FILM COMPETITION 表彰式及び入賞・入選作品上映会
 
2017年1月13日 更新
印刷用ページを開く
20th CHOFU SHORT FILM COMPETITION 表彰式及び入賞・入選作品上映会
全国から集まった30分以内の短編自主制作映画81点のうち、入賞・入選に輝いた16作品を一挙上映します。
ドラマ、アニメーション、映像詩など、様々なジャンルのここでしか見られないショートフィルムの世界をお楽しみください。
本審査員:瀬々敬久(映画監督) 真利子哲也(映画監督) 千木良悠子(作家・演出家)
日時:2017年2月26日(日)表彰式 13:00〜13:30(開場12:30)
               上映会  13:30〜19:30
                  Aプログラム13:30〜15:00/Bプログラム15:45:〜17:15/Cプログラム18:00〜19:30
会場:調布市せんがわ劇場(京王線仙川駅より徒歩4分) 会場アクセスはこちら
定員:各120人 ※入場無料(当日先着順、事前申込み不要)

主催:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
後援:J:COM/調布FM 83.8MHz/調布市観光協会/調布市教育委員会/調布パルコ


※各プログラムの終了後に質疑応答の時間を設けています
※上映時間は多少変動することがあります
※各作品の解説は監督自身によるものを基本にしています
Aプログラム 13:30〜15:00
1. こんぷれっくす×コンプレックス/24分/ふくだみゆき
中学2年生のゆいは大人に憧れている。ワキ毛が大人の象徴だと思っており、クラスいちワケ毛の生えている武尾に興味を持っていた・・・。
セリフを録音してから画を作る「プレスコアリング手法」で制作されたFlashアニメ−ション。10代特有の独特な空気感を実写さながらに描く、新感覚胸キュンコメディ。
2. フジヤマさん業の仕事/15分/村松健太
日夜、工場でヘンテコマシーンを作るフジヤマさん業の面々たち。モノ作りを愛する彼らにとって、仕事と遊びの境界線はとても曖昧。『好きなことを思いっきりやる』、そんな彼らの姿を見て何かを感じて頂けますと幸いです。

3. 路地-Alley-/23分/松岡眞吾
夜の路地。灰色の壁の前に立つ女。そこを通り過ぎる男。男は女を強く抱き締める。
女に導かれた部屋には横たわってた女。それを背負い二人は山を目指す・・・。
4. 外テ物/9分/三ツ星レストランの残飯
かんぼつ・けんべん・いぼじる、3匹のゲテブツ三銃士がお届けする、極めて下品で下劣で、キッチュで珍妙なハートフルハッピーアニメーション!!!
5. ロープウェイ/17分/高橋良多
定年した父親と2人暮らしをしている佳代。30歳手前の佳代はアルバイトの掛け持ちと父親の年金で生計を立てている。毎日の生活はギリギリだ。肉の焼き加減を発端に父親と喧嘩し家を飛び出し電車に乗る佳代。
電車でスリ未遂をしたことからある男と出会い、夜のロープウェイに乗って、幸せを掴む話。
Bプログラム 15:45 〜17:15
1. ちゅうぶらりん/28分/小川修平
大学生の岡田は平凡に暮らしていた。
そんな中、ある若者たちと知り合い、岡田の生活は少しずつ変わっていく....。
2. 古岸の蛍 FIRE FLIES ON A OLD PORT/11分/大槻圭紀
フリーライターの直子とその音信不通だった恋人。新規観光プロジェクトを企画する友人と渡米を夢見るその恋人。現在の小樽の岸辺に飛び交う様々な人々の思いと、かつて小樽で夢を馳せた人々の姿が交錯する。小樽に実在した楼閣をモチーフにしたフィクション。
3. チェレンコフ光/14分/荒島晃宏
いわゆる「運命の赤い糸」のようなものが実在していて、人が誰かと結ばれているとしたら。
そして、結ばれた相手を知らせる能力をもった少女がいたとしたら。
しかし、その少女自身は、自分と結ばれた相手を知ることが出来なかったら....というお話。
4. 数量質/10分/新井貴淑
物や現象の数、量、質の変化に伴う人間の無意識の心理、身体の微妙な変化を様々なシチュエーションで描き、現代を生きる人間の価値観を表出させた映画。
5. PANDORA/22分/佐藤安稀
「近未来の日本」をテーマに制作した。
将来、日本がどのような姿になろうと、そこには必ず人々の営みがある。
現代を生きる者として憂虜な未来のすがたをえがいた。
6. R.I.P./4分/さとうゆか
自殺する人とその周りに現れる女の子の話。その女の子は誰にも見えないけれど、そこにいたのだ。
このアニメーションは消しゴムはんこで制作した。
Cプログラム 18:00〜19:30
1. やりすごそうよ/30分/米澤成美
人はみたくないものには蓋をする。そして自分に害が及ばないようにかりすごしていきていく実際、私の人生はそうやってやりすごしてきたと思う。これからもきっと私はそうやって生きていくのだ。
教師をやめて7年ぶりに実家に帰った久美子、適当な父、八方美人な母、ひきこもりの兄との共同生活が始まった。薄っぺらくてばらならな家族はある重大な秘密をやり過していた。
2. マイフォーム/15分/跡地淳太朗
『マイフォーム』は、祖父が亡くなって壊されることになった空き家を主題にした作品です。冒頭に登場する家のミニチュアは、家が形として消えてしまうこと、やがて記憶の中だけの存在になることを象徴しているように思えます。
3. N.O.A./15分/下向拓生
スマホの秘書機能アプリN.O.A.(ノア)にアパートまでの道案内を指示する男、マコト。
しかし、N.O.A.は超天然系女子。見当違いなことばかり言って、一向に命令を聞かない彼女にイライラするマコト。彼女はマコトが興奮していることに気づき・・・。
4. 光関係/26分/河内彰
臆病な私たちは、多くの人にふれられず、夜の街の灯りに、1人1人の生活を想い、道行く誰かの会話をきいて、誰かの生活の「気配」だけにふれています。
この物語は、そんな事をしている2人の若い男女の少しの時間の物語。
5. やけどとほし/5分/三上あいこ
少女が自分の手の甲にあるやけどをのぞきこもうとすると、そのまま両者は変形する。人が悩みながら生きていることと、その周りの大きな自然、小さな命たちはたしかに同じ世界に存在し、どちらも欠けてはいけない大切なものだということについてを、手描きアニメーションで表現した。卒業制作として制作した。
本文終わり
ページのトップへ
コミュニケーション課 コミュニティ振興係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6171  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから