(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
Billingual
Chinese
korian
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演茂木大輔の生で聴く のだめカンタービレの音楽会vol.2
 
2017年3月12日 更新
印刷用ページを開く
(c)二ノ宮知子/講談社
----------------------------------------------------------
公演日  2017年7月20日(木)
----------------------------------------------------------
開 場  18:00
開 演  18:30
----------------------------------------------------------
会 場  グリーンホール 大ホール
----------------------------------------------------------
料 金  全席指定
【ぱれっと倶楽部会員】S席4,950円 A席4,500円
【一般】S席5,500円 A席5,000円
【U22】S席3,850円 A席3,500円
※U22は、22歳以下対象、各種割引併用不可
----------------------------------------------------------
発売日
【ぱれっと倶楽部会員】4月12日(水)
【一般】4月19日(水)
----------------------------------------------------------
出演者
茂木 大輔(指揮/お話)
高橋多佳子、岡田奏(ピアノ)
大宮臨太郎(ヴァイオリン)
のだめスペシャル・オーケストラ
----------------------------------------------------------
企画:茂木大輔/(公財)かすがい市民文化財団
制作:M Music Labo
----------------------------------------------------------
    ホール座席表    チケット購入方法
----------------------------------------------------------
漫画やテレビでもおなじみ “のだめカンタービレ”の世界が
巨大スクリーンに映しだされたイラストとオーケストラの響きになってよみがえります。
東京初開催で大好評いただいた2016年。
2017年は、2台のピアノで更に華麗に!
後半では、ドラマ版主題曲の 交響曲第7番(ベートーヴェン)を、たっぷり全曲でどうぞ。
ドラマ・アニメのクラシック監修、茂木大輔さんが、あなたをのだめワールドにご案内します!!
【予定曲目】
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」op.55より第1楽章
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」op.24より第1楽章(ヴァイオリン/大宮臨太郎 ピアノ/岡田奏)
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタニ長調K.448より第1楽章(ピアノ/高橋多佳子 岡田奏)
ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー(マングース登場!?)(ピアノ/高橋多佳子)
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調op.92 

   ※プログラムは都合により変更になる場合があります。あらかじめご了承ください

■茂木大輔/企画・指揮・おはなし(「のだめカンタービレ」ドラマ・アニメのクラシック監修)

ミュンヘン国立音楽大学院修了(オーボエ専攻)。1986年からシュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団の第1オーボエ奏者を経て、1990年からNHK交響楽団首席オーボエ奏者。多数のCDをリリースして注目を集める。1996年から指揮活動に入り、オーケストラの楽器、バッハの教会音楽、ベートーヴェンのシンフォニー等の解説コンサートで全国的に活躍。若手在京プレーヤーを中心とした「もぎオケ管弦団」(コンサートマスター:永峰高志)を率いてライヴCDも発売するほか、現在までに仙台フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団など多数の団体を指揮している。2009年より東京音楽大学および大学院にて指揮実技、音楽理論、スコアリーディングなどを学び2013年卒業。指揮を故岩城宏之および外山雄三、広上淳一、田代俊文、三河正典の各氏に師事。執筆でも知られ、「オーケストラ楽器別人間学」(新潮文庫)など多数の著書がある。最新刊はドイツ語単語からの連想エッセイ「アイネクライネなわが回想」(幻戯書房)。
茂木大輔
高橋多佳子(c)Akira Muto
■高橋多佳子/ピアノ

1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクール第5位入賞。以後ポルト国際コンクール第2位、ラジヴィーウ国際コンクール第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞など、輝かしい受賞歴を有する。桐朋学園大学卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。その後10年にわたりポーランドで研鑽を積む。国立ワルシャワ・フィルをはじめ、新日本フィル、東京フィル、札響、京都市響、名古屋フィルなど、国内のほとんどの主要オーケストラと共演を重ねている。すでに18枚のCDをリリースし、その多くが“レコード芸術誌特選盤”となる。2006年からはソロ活動に加え、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成し各地で演奏活動を行う。2010年より《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加。同年3月より浜離宮朝日ホールにて全4回に亘る《ショパンwithフレンズ》〜奇跡の年〜シリーズを開催、各会ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。2014年からは主要ソナタをプログラムの中心に据えた自主企画シリーズ《名曲達の饗宴》を開催するなど、ますます意欲的な活動で大きな注目を集めている。
■岡田 奏/ピアノ

函館市生まれ。15歳で渡仏。パリ国立高等音楽院ピアノ科、室内楽科、修士課程を最優秀で卒業・修了し、第3課程アーティスト・ディプロマ科を経て、ヨーロッパと日本を拠点に活動中。これまでに、小林研一郎指揮東京フィルのほか、シモン・ボリバル響、ベルギー国立管、東響、名古屋フィル、兵庫芸術文化センター管、中部フィル等と共演し、アンヌ・ケフェレックが芸術監督を務めるサントンジュ・ピアノ・フェスティバルや、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、パリのショパン・フェスティバル、アヌシー国際音楽祭等に出演。また、プーランク国際ピアノ・コンクールおよびピアノ・キャンパス国際コンクールで優勝し、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストとなり話題を呼んだ。ピアノをフランク・ブラレイ、加茂和子、植田克己、上田晴子、ジョルジュ・プルーデルマッハー等に、室内楽をクレール・デゼール、イタマール・ゴラン、ブルーノ・パスキエ等に師事。現在、フランス・バンクポピュレール財団奨学生。
岡田奏(c)Riho Suzuki
大宮臨太郎
■大宮臨太郎/ヴァイオリン

1981年生まれ。横浜市出身。辰巳明子・堀正文両氏に師事。2000年第69回日本音楽コンクール3位。同年ミレニアム・ニュークラシックオーディション1位、併せて審査員特別賞を受賞。2001年仙台国際コンクール5位、聴衆者賞受賞。2002年メニューイン国際ヴァイオリンコンクール(フランス)2位、2003年プラハの春国際コンクールファイナリストほか国内外のコンクールにて受賞多数。
桐朋学園大学4年生在学中にN響オーディションに合格、2005年毎日新聞社主催 毎日ゾリステンにてリサイタル(ピアノ清水和音 於王子ホール)、ウィーンヴィルトゥオーゾとモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」を共演、2008年12月より一年間アフィニス文化財団の奨学金を得てドイツフライブルグに留学。
これまでに小澤征爾音楽塾 サイトウキネンフェスティバルの他、「紀尾井シンフォニエッタ」「響」「PACE」「ヴィルトゥオーゾカルテット」「クインテット・スペランツァ」などの室内楽メンバーとしても活躍。現在、NHK交響楽団第1ヴァイオリン次席奏者を務める。
■のだめスペシャル・オーケストラ(管弦楽)

今年もこの1日限りの公演のためだけに超豪華なメンバーが大集結!コンサートマスターに大宮臨太郎を迎え、大林修子(ヴァイオリン:N響)、伊藤圭(クラリネット:N響)、河村幹子(ファゴット:新日フィル)、福川伸陽(ホルン:N響)、新田幹男(トロンボーン:N響)、久保昌一(ティンパニ・N響)などなど、日頃はソリストや名門オーケストの首席奏者として活躍している名手中の名手たちが、「音楽会」という公演タイトルにふさわしい一期一会の名演をお届けします!
2016年の様子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
 調布市グリーンホール チケットサービス
 TEL 042-481-7222

 調布市文化会館たづくり インフォメーション
 TEL 042-441-6177

 インターネット予約(要会員登録)
 https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/
■調布パルコ1階総合サービスカウンター(店頭販売のみ)
 TEL 042-489-5111

■e+(イープラス)
 http://eplus.jp (PC・携帯共通)

■チケットぴあ
 TEL 0570-02-9999(Pコード:327-520)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※発売初日に限り、調布市グリーンホールでは9:00から窓口販売開始
 電話・インターネットでのご予約と調布市文化会館たづくりの窓口販売は10:00から開始します

※団体割引(10枚以上、4月19日以降)、ハンディキャップ割引(500円)はグリーンホールと文化会館たづくりで購入時にお申し出ください
 ただし会員割引等との併用はできません
※未就学児の入場はご遠慮ください
※2階席へのエレベーターはありません。階段をご利用ください
※プログラムは都合により変更になる場合がありますので、ご了承ください
※お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます
■保育サービスあり■ (1人1,000円・事前申込制)  
  生後6か月以上の未就学児を公演中お預りします。7/13(木)までにお申し込みください
  定員になり次第締め切ります
   
         (株)ママMATE東京支店 TEL:03−6913−8484 (土・日・祝日を除く月〜金 9:00〜18:00)
本文終わり
ページのトップへ
グリーンホール事業課 グリーンホール事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから