(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演フレッシュ名曲コンサート オール・モーツァルト・プログラム
 
2017年6月30日 更新
印刷用ページを開く
フレッシュ名曲コンサート オール・モーツァルト・プログラム


公演日  2017年11月23日(木・祝)
開場   14:30 開演   15:00
開場   グリーンホール 大ホール
料金  全席指定      【会員】S:3,600円 A:3,150円 B:2,250円      【一般】S:4,000円 A:3,500円 B:2,500円      【U22(22歳以下)】S:2,000円 A:1,750円 B:1,250円
発売日  【会員】7月28日(金)      【一般】8月 4日(金)
出演者  指揮 :飯守泰次郎      クラリネット:コハーン・イシュトヴァーン      ヴァイオリン:吉田 南      管弦楽 :東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
共催   (公財)東京都歴史文化財団(東京文化会館) 企画協力 東京オーケストラ事業協同組合
   ホール座席表    チケット購入方法
 フレッシュ名曲コンサートは、新進気鋭の演奏家が出演し、クラシックの名曲を身近なホールで楽しんでいただくコンサートです。
 誰もが知っているモーツァルトの名曲を、巨匠・飯守泰次郎と才能溢れる若き演奏家二人が奏でる色彩豊かなハーモニーでお楽しみください。
【プログラム】

♪クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

♪ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調「トルコ風」 K.219

♪交響曲第40番 ト短調 K.550

   ※プログラムは都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください

0〜3才児のためのはじめてのステージ〜クラリネットってなあに?
クラリネットってどんな楽器?どんな音がするの?クラリネットをこわしちゃった!?
フレッシュ名曲コンサートを行う大ホールの舞台にあがり、目の前で演奏を聴き、楽器の中をのぞいたり、手をたたいてリズムあそびをしてみたり。。。五感をフル回転して親子でステージデビューしてみませんか。

出演:コハーン・イシュトヴァーン(ピアノ) 、高橋ドレミ(ピアノ)曲目:ブラームス=コハーン: ハンガリー舞曲第5番 ほか

日時:11月10日(金)11:00開演/10:45開場
場所:グリーンホール 大ホール 舞台
料金:入場無料(要事前申込制)
定員:0〜3歳児とその保護者30組60人
   電話(042-481-7222)にて申込。 先着順受付。
   定員になり次第、締め切ります。
申込開始日:2017年10月15日(日)
共催:東京都/東京文化会館・アーツカウンシル東京(公益財団法人
   東京都歴史文化財団)
助成:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、一般財団法人
   地域創造(助成)

コハーン・イシュトヴァーン クラリネット・コンサート
終了しました。

日時:9月27日(水) 14:00
場所:グリーンホール 小ホール
料金:全席自由 500円(当日支払い)
   ※11月23日の公演チケットをお持ちの方は無料
定員:300人(先着順))
【出演者】

出演者の画像
(C)武藤章
■飯守泰次郎/指揮
現在、新国立劇場オペラ部門芸術監督、東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者、関西フィル桂冠名誉指揮者を務める飯守泰次郎は、桐朋学園で学んだ後、ヨーロッパで研鑽を積み、マンハイム市立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場などの指揮者を歴任、オペラ指揮者として確固たる実績を築き上げる。また、1970年からはバイロイト音楽祭の音楽助手として数々の歴史的公演に加わり、当時バイロイト・フェスティバル総監督であったヴォルフガング・ワーグナー氏から絶大な信頼を得た。
1990年代より国内での活動を再び活発化させ、名古屋フィル常任指揮者、東京シティ・フィル常任指揮者、関西フィル常任指揮者を歴任。古典派からロマン派にかけてのレパートリーを根幹に、意欲的な活動を展開。特に東京シティ・フィルと2000年から4年がかりで取り組んだワーグナー「ニーベルングの指輪」全4部作ツィクルス上演では、その功績により2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。日本におけるワーグナー芸術の重要な担い手としてその地位を確固たるものとした。
CD制作に関してはフォンテックレーベルと多数のレコーディングを行い、その演奏の充実ぶりが各誌より絶賛されている。
これまでに、2000年度第32回サントリー音楽賞、2004年11月紫綬褒章、2008年第43回大阪市市民表彰、2010年11月旭日小綬賞、2012年度日本芸術院賞、2014年度第56回毎日芸術賞などを受ける。また、2012年度の文化功労者に選ばれ、2014年12月には日本芸術院会員に選ばれた。
出演者の画像
■コハーン・イシュトヴァーン/クラリネット
ハンガリー出身のクラリネット・ソリスト。音楽一家に生まれ、父の手ほどきでクラリネットを始める。12歳でバルトーク音楽院(高等学校)英才教育コースに入学すると、J.リヒテルクラリネットコンクール第1位、カルリーノ国際音楽コンクール第1位、アントンエベルスト国際クラリネットコンクール第1位、ICA国際クラリネットコンクール第1位など、ハンガリー在住中より多くの国際コンクールで優勝・入賞する快挙を成し遂げる。リスト音楽院卒業後の2013年7月に活動拠点を日本に移した。2013年第11回東京音楽コンクール木管部門第1位及び聴衆賞受賞。ハンガリー芸術賞「ジュニア・プリマ・アワード」受賞。2015年第4回秋吉台音楽コンクール第1位及び山口県知事賞受賞。第26回日本木管コンクール第1位及びコスモス賞、兵庫県知事賞、朝日新聞社賞、神戸新聞賞を受賞。第84回日本音楽コンクール第1位及び岩谷賞(聴衆賞)、E.ナカミチ賞を受賞。2016年東京音楽大学大学院修了。2017年第26回青山音楽賞受賞。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団(アントニオ・メンデス)、東京フィルハーモニー交響楽団(梅田俊明・円光寺雅彦・渡邊一正)、紀尾井シンフォニエッタ(澤和樹)、ジュールフィルハーモニー交響楽団(ハンガリー:カールマン・ベルケシュ)、東京音楽大学シンフォニーオーケストラ(現田茂夫)とコンチェルトを協演、またソロリサイタルや室内楽の活動を展開する他、2014年からは作曲家としても活動の幅を広げる。現在、東京音楽大学非常勤講師。
出演者の画像
(C)Yoshihiro Yoshida
■吉田 南/ヴァイオリン
奈良県出身の19才。今春桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。現在同大学ソリストディプロマコース全額奨学特待生。(公財)ロームミュージックファンデーション2014・2015年度奨学生。2016年度(公財)岩谷時子音楽文化振興財団第7回『岩谷時子賞Foundation for youth』受賞、財団より3年間の奨学支援を受けている。さらに(財)桐朋学園アリオン江戸音楽振興基金第3回『アリオン音楽賞』受賞。2017年度(公財)江副記念財団第46回奨学生。12才で大阪フィルと協演しデビュー。以後多数のソロリサイタルやコンサートに出演。国内では4度にわたる大阪フィルとの協演の他、東京響・東京フィル・東京都響・神奈川フィル・京都市響・群馬響・セントラル愛知響等々国内メジャーオーケストラとの協演を重ねる。2014年高校1年生で日本音楽コンクール第1位を受賞後、2015年シベリウス国際コンクールに最年少参加し入賞。ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団、フィンランド放送交響楽団と協演。その模様がフィンランド国営放送により全土に放映され、フィンランド国民から最も愛され支持される演奏として視聴者投票で最高票を獲得。2016年にはモントリオール国際音楽コンクールヴァイオリン部門に最年少参加。第3位入賞。モントリオール交響楽団と2度の協演を行い『極めて自然な演奏スタイルでありながら、誰も真似できない壮大なスケールで奏でる弱冠17才』と評される。その他、国内外の音楽祭やマスタークラスにおいて度々ライジングスターに抜擢され、多くの披露コンサートに出演。国際舞台登場と同時に注目を集め、2016年秋ニューヨークを拠点とする“The Violin Channel〜World's leading classical music news source〜”(世界をリードするクラシック音楽ニュースソース)において「VC YOUNG ARTIST」に抜擢される。世界中より選び抜かれた実力派若手演奏家が紹介・披露されている中のひとりとして、その経歴や演奏等が世界に向けて発信されている。
出演者の画像
(C)大窪道治
■東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団/管弦楽
1975年設立。現在、常任指揮者に高関健、桂冠名誉指揮者に飯守泰次郎を擁し、その活動は定期演奏会を柱に、オペラ、バレエ公演やテレビ出演、CD録音、音楽鑑賞教室まで多岐にわたる。特にテレビにおいては、テレビ朝日『題名のない音楽会』を通じてその新鮮な魅力溢れる演奏を披露し日本全国で好評を博している。
これまでに飯守泰次郎の指揮で「東京シティ・フィル オーケストラル・オペラ」を展開し、「ニーベルングの指環」全4部作をはじめとするワーグナー7作品を上演。2005年「ローエングリン」では第2回三菱信託音楽賞奨励賞を受賞した。また矢崎彦太郎の指揮で、近現代フランス音楽を幅広く紹介する「フランス音楽の彩と翳」シリーズを展開すると共に、フランス、アメリカ、東南アジアでの海外公演に積極的に取り組み、音楽を通じての各国相互交流事業の一翼を担ってきた。
他方で地域コミュニティでの活動も積極的に展開している。1994年から東京都江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとう定期演奏会を開催するほか、ティアラこうとうでの「真夏の第九」、「オーケストラwithバレエ」、「くるみ割り人形」、また東京シティ・バレエ団公演への出演や、公開リハーサル、楽器体験会、アウトリーチ活動、区内小中学校を対象とした音楽鑑賞教室、区内各所でのアンサンブル・コンサート、ジュニアオーケストラの指導など地域に根ざした音楽文化の振興を目的として幅広い活動を行っている。
【プレイガイド】


◆公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
 調布市グリーンホールチケットサービス  TEL 042-481-7222

 調布市文化会館たづくりインフォメーションTEL 042-441-6177

 インターネット予約  https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/

◆調布パルコ1F総合サービスカウンター(店頭販売のみ)TEL 042-489-5111

◆e+(イープラス)http://eplus.jp(パソコン・携帯共通)

◆チケットぴあ(Pコード:335-430)TEL 0570-02-9999



※発売初日に限り、調布市グリーンホールでは9:00から窓口販売開始。電話でのご予約と調布市文化会館たづくりの窓口販売は10:00から開始します

※団体割引(10枚以上/8月4日以降)、ハンディキャップ割引(500円)は、グリーンホールと文化会館たづくりで購入時にお申し出ください。ただし、各種割引との併用はできません

※未就学児の入場はご遠慮ください

※2階席へのエレベーターはありません。階段をご利用ください

※プログラムは都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください

※お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます


■保育サービスあり■ (1人1,000円・事前申込制)
 生後6か月以上の未就学児を公演中お預かりします。11/16(木)までにお申込みください。定員になり次第締め切ります。
 (株)ママMATE東京支店 TEL03-6913-8484(祝日を除く月〜金曜 9:00AM〜6:00PM)へお申込みください。

本文終わり
ページのトップへ
グリーンホール事業課 グリーンホール事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから