(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ講座・講演会平成29年度ちょうふ市民カレッジ後期開講講座一覧No.35 写真家が一番カッコよかった時代 −1960〜70年代の日本写真史を紐解く− 《ちょうふ市民カレッジLight》
 
2017年9月22日 更新
印刷用ページを開く
No.35 写真家が一番カッコよかった時代 −1960〜70年代の日本写真史を紐解く− 《ちょうふ市民カレッジLight》
             撮影:ERIC
日程   金曜日
--------------------------------------------------------
回数   4回
--------------------------------------------------------
時間   19:00〜21:00
--------------------------------------------------------
会場   文化会館たづくり 8階 映像シアター
 
--------------------------------------------------------
講師   飯沢 耕太郎(いいざわ こうたろう)
     (写真評論家)
--------------------------------------------------------
受講料  3,200円
--------------------------------------------------------
定員   48人
--------------------------------------------------------
保育   あり
--------------------------------------------------------
内容
 前回の東京オリンピックが開催された当時は、日本の写真家たちが最も恰好いい時代だった−。
写真集食堂めぐたまで5,000冊以上の蔵書を公開している写真評論家・飯沢耕太郎が、毎回その当時の代表的な写真家に焦点を当てながら、日本の1960年代から1970年代 の写真史を紐解きます。
カリキュラム
11/24 vivo(ヴィヴォ)の時代 −東松照明、奈良原一高を中心に−
12/22 provoke(プロヴォーグ)の時代 −森山大道、中平卓馬を中心に−
01/12 荒木経惟の疾走
01/26 牛腸茂雄のまなざし
講師プロフィール
 筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』、『デジグラフィ』、『写真的思考』、『深読み!日本写真の超名作100』、『現代日本写真アーカイブ』など。
講師からの一言
 1960〜70年代は、日本の写真が一番輝いていた時代です。森山大道、荒木経惟らが登場し、活気溢れる時代の状況を切り拓いていきました。そんな「日本写真」のあり方を、写真集などをメインに読み解いていきます。
受付開始
市内の方 9/22 (金) 9:00〜
市外の方 9/29(金) 9:00〜
申し込みはこちら
チケット予約システム
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから