(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ講座・講演会ちょうふ市内・近隣大学等公開講座ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 日本映画大学 受講生募集
 
2017年11月1日 更新
印刷用ページを開く
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 日本映画大学 受講生募集
【入場無料・要事前申込・各30分前開場】
総合テーマ
ひと味違う映画の愉しみ2
 
様々な視点から映画を語るシリーズの2回目。今回は「今村昌平の重喜劇」と「多文化主義とPC(ポリティカル・コレクトネス)」について解説します。
 
日本映画大学のホームページはこちら
日時・会場 講師 テーマ説明 申込開始日時
第1回
12月11日(月曜日)
19:00〜20:40
 
文化会館たづくり
8階映像シアター
田辺秋守
(日本映画大学准教授)
今村 昌平の重喜劇
 
日本映画大学の創始者である今村昌平監督(1926-2006)は、自作を「重喜劇」という言葉で説明しています。今村監督の初期作品(日活時代)の中から重喜劇の系譜をたどります。
調布市内の方:
11月20日(月曜日)
9:00〜
 
調布市外の方:
11月24日(金曜日)
9:00〜
 
定員:100名
第2回
12月12日(火曜日)
19:00〜20:40
 
文化会館たづくり
9階研修室
ハン・トンヒョン
(日本映画大学准教授)
多文化主義とPC(ポリティカル・コレクトネス)
PC:政治的・社会的に中立で、差別・偏見が含まれていない言葉や表現
  
映画などの芸術やエンタテインメント作品を制作、理解する際に欠かせない「知」となっている「PC(ポリティカル・コレクトネス)」。その前提となる、多文化主義に関する基本的な知識と現状を学びます。
調布市内の方:
11月20日(月曜日)
9:00〜
 
調布市外の方:
11月24日(金曜日)
9:00〜
 
定員:48名
 
講師紹介
講師 田辺秋守(たなべ しゅうじ)
プロフィール
早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程満期退学
ボッフム大学、ベルリン自由大学留学
専門は現代哲学・現代思想・映画論
『カンゾー先生』(今村昌平監督、1998)ドイツ語指導監修
週刊「図書新聞」映画評(「現代思想で読む映画」)連載
主な著書等 著書「ビフォア・セオリー 現代思想の〈争点〉」(慶應義塾大学出版会、2006)
共著書「よくわかる倫理」(学研教育出版、2013)
共訳書、ベルンハルト・ヴァルデンフェルス著「フランスの現象学」(法政大学出版局、2009)
 
 
講師 ハン・トンヒョン
プロフィール 1968年東京生まれ。大学まで16年間、朝鮮学校に通う。卒業後、朝鮮新報記者を経て立教大学大学院、東京大学大学院で学び、現職。専攻は社会学。専門はナショナリズムとエスニシティ、マイノリティ・マジョリティの関係やアイデンティティの問題など。主なフィールドは在日外国人問題とその周辺、とくに朝鮮学校とそのコミュニティの在日朝鮮人。最近は韓国エンタメにも関心。
主な著書等 映画をはじめとする芸術、エンタテインメント作品を制作、理解、評価するうえで、今や欠かせない「知」となっている「PC(ポリティカルコレクトネス)」。その前提となる、多文化主義に関する基本的な知識、その日本での現状とともに、学びます。
講座の見どころ
講座の見どころ 「今村昌平の重喜劇」:
今村昌平監督(1926-2006)は自作を象徴する表現として「重喜劇」という言葉を使っています。軽喜劇をもじった今村自身の造語です。この講座では、今村昌平の初期作品(日活時代)の中から重喜劇の系譜をたどってみたいと思います。
講師からの一言
没後十余年を経たところで、今村昌平の映画を見直してみるいい機会にしてください。あまり見る機会のない初期作品に脚光を当てたいと思います。
 
講座の見どころ 日本社会では耳慣れない言葉と感じるかもしれないですが、映画作品なども事例にしつつ、一緒に考えてみたいと思います。
講師からの一言
『チマ・チョゴリ制服の民族誌』(双風舎,2006 *現在は電子版発売中)
『平成史【増補新版】』(共著,河出書房新社,2014)
『社会の芸術/芸術という社会――社会とアートの関係、その再創造に向けて』(共著,フィルムアート社,2016)
申込方法
電話(042-441-6150)または、下記申込フォームよりお申し込みください。先着順に受け付けます。 
電話受付時間:9:00〜21:30
※お申し込み後に出席できなくなった場合は、キャンセル待ちの方にご案内いたしますので、必ずご連絡ください
 
【受付開始日】 
調布市内の方:11月20日(月曜日) 9:00〜
調布市外の方:11月24日(金曜日) 9:00〜
保育サービス
専門のシッターにお子さまを預けて、講座を受講することができます。
【対象】
生後6か月以上の未就学児
【費用】
1人1回1,000円
【申込】
株式会社ママMATE東京支店
03-6913-8484へ(祝日を除く月曜〜金曜9:00〜18:00)
※要事前申込 定員あり
【締切】 
各講座実施日の1週間前 まで。
定員になり次第締め切ります。
【場所】
調布市文化会館たづくり7階 保育室
【時間】
講座開始10分前から講座終了10分後まで
【持ち物】
おむつ、着替え、バスタオル、ごみ袋、お気に入りのおもちゃ など
【支払方法・キャンセル時の取り扱いなど】
株式会社ママMATE東京支店へお問い合わせください
お申込はこちら
12月11日(月)19:00〜20:40
文化会館たづくり8階映像シアター(定員100人)
12月12日(火)19:00〜20:40
文化会館たづくり9階研修室(定員48人)
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから