(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演おいしいクラシック特別編 パガニーニ 悪魔のヴァイオリニストと恐怖のグルメ
 
2018年10月11日 更新
印刷用ページを開く
おいしいクラシック特別編 パガニーニ 悪魔のヴァイオリニストと恐怖のグルメ
出演者の画像
©Hisayoshi Osawa

公演日  2019年2月17日(日)
開場   12:45 開演   13:30
開場   調布市文化会館たづくり 1階 むらさきホール
料金   全席指定      【ぱれっと倶楽部会員】 2,520円      【一般】2,800円       【U22割引(22歳以下)】 1,960円
発売日  【ぱれっと倶楽部会員】11月9日(金)      【一般】11月16日(金)
出演者   正戸里佳(ヴァイオリン)       望月優芽子(ピアノ)       浦久俊彦(ナビゲーター)
企画・制作 浦久俊彦事務所 協力    フランス料理スリジェ       たづくり12階スカイレストラン プレステージ       たづくり1階カフェ&バー パラス       調布ヴァイオリン
チケット購入方法 チケット購入前に、下記むらさきホールについての注意事項をよくお読みください。
注意事項
むらさきホールについて
座席はパイプイスまたは同等のイスになります
客席は段差のない平らな床にイスを並べています
テーブル席は数に限りがあります
会場内飲食可。飲食の際は、周りのお客様へのご配慮をお願いします
会場の画像
内容
平日昼間のくすのきホール人気シリーズが、休日むらさきホールにやってくる!
グルメと音楽のすてきなマリアージュ特別編!
テーマは、「悪魔のヴァイオリニストと恐怖のグルメ」。
19世紀のヨーロッパを震撼させ、人々を熱狂の渦に巻き込んだ悪魔のヴァイオリニスト、パガニーニ。その音色は、悪魔のささやきか、それとも天使の歌声か?
出演は、パガニーニ国際コンクールに入賞した期待の若手ヴァイオリニスト、正戸里佳と、フランスで活躍のピアニスト、望月優芽子というフレッシュなふたり。話題の新刊『悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト〜パガニーニ伝』(新潮新書)の著者、浦久俊彦をナビゲーターに、知られざる謎のヴァニオリニスト、パガニーニと悪魔が愛したグルメ・エピソードを楽しむ、前代未聞のこわいコンサートのはじまり、はじまり!

【演奏曲】 
♪パガニーニ:24のカプリスOp.1 第5番イ短調
♪サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
♪ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ  他

順不同。曲目は都合により変更になる場合があります
出演者情報
正戸里佳(ヴァイオリン) Rika MASATO
 広島市出身。わずか10歳でモルドバ・フィルハーモニー(ルーマニア) と共演する。2006年、17歳でパガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第3位。2016年ドミニク・ぺカット国際ヴァイオリンコンクール第1位および聴衆賞受賞。
 広島大学附属中学校卒業。桐朋学園女子高等学校音楽科を首席卒業後、同大学ソリスト・ディプロマ特待生を経て渡仏。パリ国立高等音楽院修士課程および最高課程を首席卒業後、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学院アーティストコースを修了。
 これまでにロームミュージックファンデーション、明治安田生命クオリティオブライフ奨学生、ヤマハ音楽支援制度留学奨学生として研鑚を積み、現在はパリを拠点に国内外で演奏活動を行っている。
 2016年パリのサル・ガヴォーにてチャイコフスキーの協奏曲を演奏する。また、現在はフランスにてバンク・ポピュレール財団アーティストとしても活動している。
 国内では、オーケストラアンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、ポーランド放送室内合奏団などのオーケストラと共演し好評を博す。
 使用楽器は1710年製ジュゼッペ・グァルネリ(フィリウス・アンドレア)。
 2018年5月には、デビューCD『パリのヴァイオリン・ソナタ集』(キングレコード レコード芸術準特選盤)をリリース。また、2018年度に「ベートーベン:ヴァイオリン・ソナタ全10曲 3回シリーズ」(共演:岡田将)が開催されるなど、今後の活動が期待されている。

オフィシャルHP
https://rikamasato.com/
オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/rika.masato.violin/
出演者の画像
©Hisayoshi Osawa
出演者の画像
望月優芽子(ピアノ) Yumeko Mochizuki
 桐朋学園女子高校音楽科、同大学・同大学研究科ピアノ科卒業。その後渡仏、パリとマルセイユ・国立地方音楽院、パリ・エコールノルマル高等音楽院にて研鑽を積む。同学院卒業にあたり、審査員満場一致にて演奏家資格を授与される。
 これまでマリア・カナルス国際コンクールにて名誉ディプロマ賞、サン・ノム・ラ・ブレティッシュ国際コンクールにて最高位受賞、ならびに日仏友好賞・聴衆賞・課題曲賞を受賞した。2012年、ヴァイオリニスト神谷未穂とのデュオCD「ブーケ・ド・フランス」がN.A.T.よりリリース。2015年夏には、指揮者山田和樹氏によるフランス音楽をテーマにした講座で、ソロピアニストに抜擢される。また、同氏による指揮で、日本フィルハーモニー交響楽団のソリスト団員としてダリウス・ミヨーの「世界の創造」を東京サントリーホールにて共演する。
 ピアノを高柳朗子、ブルーノ・リグット、ヴィクトリア・メルキ、室内楽を岩崎淑、有田正広各氏に師事。又アリシア・デ・ラローチャ氏に師事しスペイン音楽の魅力に惹かれレパートリーにスペイン音楽を加えている。ビュシーサンジョルジュ音楽院、ランス国立地方音楽院教師を経て、現在国内外でリサイタル、国際フェスティバル等、幅広く活躍している。
浦久俊彦(作家・文化芸術プロデューサー)Toshihiko Urahisa
 パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。三井住友海上しらかわホール、エグゼクティブディレクターを経て独立。現在、浦久俊彦事務所代表。一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、公益財団法人日仏会館文化事業委員、サラマンカホール音楽監督として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書に「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」(新潮社)、「138億年の音楽史」(講談社)、最新刊「悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト〜パガニーニ伝」(新潮新書)など。

オフィシャルホームページ 
http://www.urahisa.com
出演者の画像
プレイガイド
調布市グリーンホールチケットサービス
TEL 042-481-7222
 
調布市文化会館たづくりインフォメーション
TEL 042-441-6177
インターネット予約(リンク先はログイン画面)
(1) 引取方法:窓口、セブンイレブン、配送
https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/
(2) 引取方法:ファミリーマート ※ぱれっと倶楽部会員割引は使用できません
イープラス

CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/←「調布市」で検索
TEL 0570-08-9999
発売初日に限り、グリーンホールの窓口販売は9:00から、電話・インターネットでのご予約と調布市文化会館たづくりの窓口販売は10:00から開始します
団体割引(10枚以上、11月16日以降)、ハンディキャップ割引(500円)は、調布市グリーンホールと調布市文化会館たづくりで購入時にお申し出ください。ただし会員割引等との併用はできません
未就学児の入場はご遠慮ください
お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます
U22割引(アンダーにじゅうにわりびき)
チケット購入時の年齢が22歳以下の方を対象に、最大でチケット金額の50%を割引します。なお、割引率は公演ごとに定めます。
公演当日は、年齢を確認できる証明書(免許証、学生証など)をご用意ください
購入したチケットのキャンセルや購入後の割引の適用、差額の返金等はできません。また、他の割引と併用することはできません
保育サービス
生後6か月以上の未就学児を公演中お預かりします。2月8日(金)までに、(株)ママMATE 03-6913-8484(祝日・年末年始を除く月〜金曜 9:00〜18:00)へお申し込みください。1人1,000円。定員になり次第、締め切ります。
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから