(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演おいしいクラシック6 ロッシーニとフィレステーキロッシーニ風
 
2019年5月7日 更新
印刷用ページを開く
おいしいクラシック6 ロッシーニとフィレステーキロッシーニ風
2019年11月20日(水)
開場13:00 開演13:30 公演時間約90分 休憩なし
調布市文化会館たづくり 2階 くすのきホール
全席指定
ちょうふアートプラス会員 2,700円
一般 3,000円
U22割引(22歳以下) 1,500円
発売日 ちょうふアートプラス会員6月12日(水) 一般6月19日(水)
出演者の画像

公演日  2019年11月20日(水)
開場   13:00 開演   13:30
会場   調布市文化会館たづくり 2階 くすのきホール
料金   全席指定      ちょうふアートプラス会員 2,700円      一般 3,000円      U22割引(22歳以下)1,500円
発売日  ちょうふアートプラス会員 6月12日(水)      一般 6月19日(水)
出演者  小林沙羅(ソプラノ)      河野紘子(ピアノ)      浦久俊彦(ナビゲーター)
協力   フランス料理スリジェ      たづくり12階スカイレストラン プレステージ      たづくり1階カフェ&バー パラス
   ホール座席表    チケット購入方法
内容
グルメと音楽のすてきなマリアージュ!
クラシック音楽初心者のあなたもきっと楽しめる、おしゃれでちょっと知的な午後のひととき。これまでにない新感覚コンサート。

待望の第6弾のテーマは、19世紀オペラ界の帝王ロッシーニ。
人気シリーズにいよいよ日本を代表するソプラノ小林沙羅が登場!
ヨーロッパを熱狂させた人気オペラ作家だった彼は、わずか37歳で引退。それからの人生をひたすらグルメの世界に生きたという筋金入りのグルメ王でした。ピアニストの河野紘子さんとともに、華麗なるイタリア・オペラの名アリアをたっぷりお届けします。
ナビゲーターは、ヨーロッパの歴史と文化をおもしろく語ることで定評のある浦久俊彦。
思わずへえ〜と唸りたくなるような歴史エピソードや、ゲストとのユーモラスなトークも満載!
演奏曲
♪ロッシーニ 歌劇「セヴィリアの理髪師」より 「今の歌声は」
♪ロッシーニ 歌劇「絹のはしご」より 「愛しい方のために、ため息をつき」
♪ヴェルディ 歌劇「椿姫」より 「乾杯の歌」
♪プッチーニ 歌劇「ラ・ボエーム」より 「私の名はミミ」
♪プッチーニ 歌劇「ジャンニ・スキッキ」より 「私のお父さん」
ほか

順不同。曲目は都合により変更になる場合があります。
出演者情報
小林沙羅 ソプラノ Sara Kobayashi
小林沙羅 ソプラノ Sara Kobayashi 東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。2010年度野村財団奨学生、2011年度文化庁新進芸術家在外研修員。2014年度ロームミュージックファンデーション奨学生。2010年から2015年にはウィーンとローマにて研修と演奏活動を行う。2017年第27回出光音楽賞受賞。2019年第20回ホテルオークラ賞受賞。 2006年に「バスティアンとバスティエンヌ」バスティエンヌでデビュー後、東京芸術劇場シアターオペラシリーズに度々出演、日生劇場2009、2013年「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル、兵庫県立芸術文化センター2011年「こうもり」アデーレなどにも出演。千住明・松本隆の「隅田川」狂女、三枝成彰「KAMIKAZE」愛子など、多くの新作オペラ初演を務める。2012年ブルガリア国立歌劇場「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ役で欧州デビュー、同歌劇場「愛の妙薬」プレミエ公演にアディーナ役で出演など海外へも活動の幅を広げている。 2014年10月には14−15新国立劇場シーズンオープニング公演新制作「パルジファル」花の乙女役に出演。2015年5月から11月にかけて野田秀樹演出、井上道義指揮、オペラ「フィガロの結婚」スザンナ役で全国10都市14公演に出演、好評を博す。2017年には「カルメン」ミカエラ役で藤原歌劇団への初出演を果たし、同年10月三枝成彰新作オペラ「狂おしき真夏の一日」に出演。2018年には兵庫県立芸術文化センター「魔弾の射手」エンヒェン役で出演。2019年明けには全国共同制作オペラ「ドン・ジョバンニ」にも出演。2020年には「紅天女」タイトルロール役でも出演予定。また、フォーレ「レクイエム」、ヘンデル「メサイヤ」等で多くのオーケストラと共演。2016年1月には山田和樹指揮日本フィルマーラーチクルス「交響曲第4番」にも出演、CD化。 2014年に日本コロムビアよりデビューCDアルバム「花のしらべ」をリリース。2016年11月にはセカンドアルバムとなる「この世でいちばん優しい歌」をリリース。 日本声楽アカデミー会員。藤原歌劇団団員。大阪芸術大学准教授。
出演者の画像
©NIPPON COLUMBIA
河野紘子 ピアノ Hiroko Kohno
出演者の画像
札幌市出身。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て同大学研究科を修了。高校、大学ピアノ卒業演奏会に出演。
これまでに「東京 春 音楽祭」や「ラ フォル ジュルネ オ ジャポン」などの音楽祭に出演。
テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK-FM「リサイタル ノヴァ」やBS-TBS「日本名曲アルバム」などメディアでの出演も重ねている。
桐朋学園大学声楽科嘱託演奏員、現在は二期会研修所ピアニスト、NHKカルチャーセンター青山教室講師を務める。
声楽・器楽などとのアンサンブルや透明感のある美しい音色に定評があり、CD録音にも多数参加している。また、フジテレビで放映されたドラマ「のだめカンタービレ」の主人公(上野樹里)の手・音の吹き替え現場での指導を担当するなど、多方面へ活動の幅を広げている。
 
オフィシャルサイト 
http://www.hirokokohno.com
 
浦久俊彦(文筆家・文化芸術プロデューサー)Toshihiko Urahisa
パリで音楽学、歴史社会学、哲学を学ぶ。フランスを拠点に20年以上にわたり、音楽・芸術分野だけでなく、M.O.F. (フランス最優秀職人)の支援など、幅広く総合文化プロデューサーとしても活躍。帰国後、三井住友海上しらかわホールのエグゼクティブ・ディレクターを経て、現在、浦久俊彦事務所代表。
多彩な分野のアーティストのオリジナル企画を手がけるほか、一般財団法人欧州日本藝術財団代表理事、代官山未来音楽塾塾頭、サラマンカホール音楽監督として、日本とヨーロッパの文化芸術交流にも力を注いでいる。著書に「フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか」(新潮社)、「138億年の音楽史」(講談社)、「悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト〜パガニーニ伝」(新潮社)がある。
 
公式ホームページ 
http://www.urahisa.com
 
出演者の画像
©撮影 新津保 建秀
プレイガイド
チケットCHOFU
TEL 042-481-7222(9:00〜19:00、第4月曜日休み・変則あり)
発売初日の窓口販売はありません。9:00から電話、インターネットのみ
(取扱窓口:調布市グリーンホール<休館日:毎週月曜(変則あり)>/調布市文化会館たづくり<休館日:毎月第4月曜とその翌日(変則あり)>

e+(イープラス) 
http://eplus.jp (PC・携帯共通)チケットCHOFU
TEL 042-481-7222
団体割引(10枚以上、6月19日以降)、ハンディキャップ割引(500円)は、調布市グリーンホールと調布市文化会館たづくりで購入時にお申し出ください。ただし会員割引等との併用はできません
未就学児の入場はご遠慮ください
お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます
U22割引(アンダーにじゅうにわりびき)
チケット購入時の年齢が22歳以下の方を対象に、最大でチケット金額の50%を割引します。なお、割引率は公演ごとに定めます。
公演当日は、年齢を確認できる証明書(免許証、学生証など)をご用意ください
購入したチケットのキャンセルや購入後の割引の適用、差額の返金等はできません。また、他の割引と併用することはできません
 
保育サービス
生後6か月以上の未就学児を公演中お預かりします。
11月13日(水)までに、株式会社ママMATE 03-6913-8484(祝日・年末年始を除く月〜金曜 9:00〜18:00)へお申し込みください。
1人1,000円。定員になり次第、締め切ります。
FM集団補聴装置使用可(要申込)
FM集団補聴システムは、劇場・会館・映画館等、来館された聴覚障害者や、難聴者(高齢者)の方々にヘッドフォンやお手持ちの補聴器を使用して、場内の音声をクリアーに聞いていただくための補聴システムです。
補聴器のみでは聞き取りにくい音声を聞き取りやすくします。
75M帯FM補聴システムは特に大規模空間向けに特化しています。
本文終わり
ページのトップへ
芸術振興事業課 舞台芸術係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから