(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽ポピュラー公演Jazz From The City vol.50 Celebration Night!
 
2019年8月1日 更新
印刷用ページを開く
Jazz From The City vol.50 Celebration Night!
Jazz From The City vol.50 Celebration Night!

公演日  2019年12月1日(日)
開場   16:00 ※16:00より早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ           ピックアップメンバーによるロビーライブを開催 開演   17:00
会場   グリーンホール 大ホール
料 金  全席指定      【ちょうふアートプラス会員】 4,950円      【一般】 5,500円      【U22(22歳以下)】3,300円
発売日  【ちょうふアートプラス会員】9月6日(金)      【一般】9月13日(金)
出演者  鈴木良雄(ベース、ミュージックディレクター)      増尾好秋(ギター)      村上寛(ドラムス)      紗理(ヴォーカル)      纐纈歩美(アルトサックス)      早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ(ビッグバンド)      ゲスト:ルイス・バジェ(トランペット)      スペシャルゲスト:10月中旬公開予定!(ピアノ)       MC:バードマン幸田    
協力   株式会社ノース・ウエストエンタープライズ      (新宿Jazz Spot 「J」)

 
シリーズ50回を祝って超豪華アーティストが大集結!
ジャズファン垂涎の、一夜限りの夢の競演をお見逃しなく!!

内容
1992年からスタートし、今回で50回を迎える調布市グリーンホールの名物シリーズ「Jazz From The City」。
記念すべき50回目のステージは会場を大ホールに移し、豪華アーティスト陣とともにお届け。
過去シリーズの出演者、現役最高峰の学生ビッグバンド、そして世界で活躍するスペシャルゲストが参加し、「Jazz From The City」の集大成であると同時に、ジャズを未来へ繋ぐライブを熱演する。
ジャズを支え、担い、彩り続けるスターたちが集う、国内ジャズの魅力を凝縮した極上の一夜となるだろう。
出演者情報


【第1部】 紗理&纐纈歩美 with 早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ (17:00〜)

紗理(ヴォーカル)
横浜生まれ。ジャズサックス奏者の中村誠一を父に持ったが、ジャズには目もくれず、5歳よりダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。ミュージカル女優を目指していた高校二年次にエラ・フィッツジェラルドの歌を聴き、稲妻が走ったかのような衝撃と感銘を受ける。以来、エラのような温かでスインギーな歌声を届けたいと修行の日々は続く。
洗足学園音楽大学ジャズヴォーカル科首席卒業。ボストンBerklee College of Musicに2年間留学。帰国後、”大阪アジアンドリームスジャズヴォーカルコンペティション2013”で優勝。2013年1stAlbum『TheSweetest Sounds』、 2017年2ndAlbum『AND I'LL SING ONCE MORE』をリリース。同年9月より、ラジオ日本の番組「オトナのJazz Time」パーソナリティーとして抜擢。また、テレビCM「プロポーズされたらゼクシィ」のナレーションでもおなじみ。
アイススケートミュージカル「ディズニーオンアイス」、TVアニメ「血界戦線&BEYOND」、TVCM 「ゼクシィ」「日本和装」「みつかるEテレ」「日立エアコン」「タイヤ館」など数々のナレーションや歌唱レコーディングでも活躍中。
オフィシャルサイト:www.sariswing.com/
紗理 ヴォーカル
纐纈歩美 アルトサックス
纐纈歩美(アルトサックス)
1988年生まれ、岐阜県出身。トロンボーンを演奏する父の影響で、幼少の頃から、ジャズ、ラテン、フュージョンに親しむ。3歳よりピアノを習い、中学でサックスへ転向。高校から本格的にジャズを始め、椿田薫氏に師事。その後甲陽音楽学院名古屋校にてさらに音楽について学ぶ。
2010年ポニーキャニオンより、1stアルバム「Struttin'」にてメジャーデビューを果たす。ジャズオリジナル、クールジャズ、自身のオリジナルなどを収録し、注目を浴びる。
ノルウェーでレコーディングした3rdアルバム「Rainbow Tales」は、北欧のミュージシャンとの融合で生まれた新鮮なサウンドが評価される。ニューヨークでレコーディングした5thアルバム「Balladist」は自身でも初の挑戦となったバラード集で、リラックスした背景と奥深い音色が好評を得ている。
2017年初のセルフプロデュースによるレギュラーバンドで録音した「Aquarelle」を発表。
2018年小野リサをプロデューサーに迎え挑んだ初のボサノヴァアルバム「o pato」を発表。
落ち着いた柔らかな音色と時にダイナミックなアプローチで、多くのファンの支持を得ている。
オフィシャルサイト:http://a-koketsu.com/
早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ(ビッグバンド)
早稲田大学唯一のビッグバンドサークル(大学公認サークル)として1955年に設立。「ハイソ」の名で親しまれ、学生ビッグバンドジャズ界を代表する存在としてその名を広く知られている。その60年以上に渡る歴史の中で、プロミュージシャンや放送および音楽業界へ数多くの人材を輩出してきた。グレン・ミラー、デューク・エリントン、カウント・ベイシーなど古き良き時代のジャズからコンテンポラリーな作品まで100曲以上の楽曲を揃える。
オフィシャルサイト:https://www.highso-waseda.com/
早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラ ビッグバンド



【第2部】 鈴木良雄&増尾好秋ユニット with special guest ??? (18:10〜)
鈴木良雄 ベース
鈴木良雄(ベース、ミュージックディレクター)
1946年長野県出身。音楽家の両親と“鈴木メソッド”創始者の伯父鈴木鎮一の下、幼少の頃からバイオリン、ピアノに親しむ。
早稲田大学モダンジャズ研究会ではピアノを担当。卒業後渡辺貞夫に師事し、彼のバンドへの誘いもありベースに転向。1969年〜73年の間、渡辺貞夫、菊池雅章のグループで活躍。73年に渡米し、スタン・ゲッツ・グループ、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのレギュラーベーシストとして活躍。
帰国後の2002年に自己のグループBASS TALKを結成。2009年にはベーシストデビュー40周年を記念し、6名のピアニストケイ・赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ、野力奏一、山本剛とのデュオCD「My Dear Pianists」を発表。
2010年南里文雄賞受賞。
2011年にギタリスト増尾好秋とのデュオアルバムを発表、日本全国70か所に及ぶツアーを行う。
2008年に若者たちとのバンドGENERATIONGAPを結成、2015年に1stアルバム「Generation Gap」を発表。
著書「人生が変わる55のジャズ入門」はジャズ関連の書籍としては異例の販売数を記録、大好評を得る。
2019年BASS TALKの新譜「Beyond The Forest」を発表、音楽生活50周年記念コンサートを開催。
‘チンさん’のニックネームで親しまれ、日本ジャズ界のリーダー的存在である。
オフィシャルサイト:https://chin-suzuki.com/
増尾好秋(ギター)
ジャズピアニストの父を持ち、幼少の頃より音楽に親しむ。
早稲田大学モダンジャズ研究会在籍中に渡辺貞夫グループの正式メンバーに抜擢されてプロ入り。一躍スター的人気を博す。1971年にニューヨークへ渡り、モダンジャズの巨匠ソニー・ロリンズのバンドに通算6年間在籍するほか、リー・コニッツ、エルビン・ジョーンズ など数々のビッグアーティストと共演し「世界のマスオ」として活躍。
70年代後半から、初めて組んだ自己のバンドで次々とヒットアルバムを制作、その人気を不動のものとする。感性のままナチュラルで伸びやかに歌うギター、幅広い表現力、その音楽性は懐が深い。ジャンルを超越したそのギタースタイルは、多くの若手ジャズギタリストにも影響を与えている。自然体で飾らない人柄、人懐っこい笑顔に魅了されるファンも多い。
2008年に設立の自主レーベル Sunshine Ave. Label から『Life is Good』、『I'm Glad There Is You』を発表している。2012年に30年ぶりの自己バンドPower Spotを日本で結成。2016年からは自己のバンドMAGATAMA、その他多様なメンバー編成で活動中。現在もアメリカに拠点を置きながら、日本でも精力的に演奏活動を展開している。在米48年。
オフィシャルサイト:http://www.ymasuo.com/top.htm
 
増尾好秋 ギター
村上寛 ドラムス
村上 寛(ドラムス)
1948年東京出身。1967年に本田竹広トリオで活動を始める。
1970年に伝説の菊地雅章シクステットに参加し、翌年には菊地雅章、ゲイリー・ピーコックとのトリオでレコードを発表する。1972年以降は絶頂期の渡辺貞夫カルテットや、菊地雅章クインテットに参加。その間、マル・ウォルドロン、ジョー・ヘンダーソン、山本邦山など、内外のミュージシャンとのアルバムで共演。
1973年から2年間渡米、帰国後は渡辺貞夫の全国ツアーに参加。
1978年から1981年にかけてフュージョン・シーン最高のバンド、ネイティブ・サンで活動し、「ネイティブ・サン」「サバンナ・ホットライン」の大ヒット・アルバムなどアルバム5枚をリリース。
1997年以降はNHK−BSジャズ喫茶のレギュラー・ドラマーとして2年間出演するほか、ケイ赤城トリオでも活動。
2006年にリーダー・アルバム「Vivo!」をリリース。
現在は自己のグループ、穐吉敏子トリオ、佐藤允彦トリオ、峰厚介カルテット他、様々なセッションで活動中。我が国を代表するドラマーである。
オフィシャルサイト:http://ameblo.jp/hmd314
 
ゲスト出演者
第1部、第2部ゲスト:ルイス・バジェ(トランペット)
キューバ・ハバナ市生まれ。キューバ屈指の名門校・ 国立アマデオロルダン音楽学校のトランペット科卒業。
1993年、三男のユムリ(Vo)をリーダーとして、兄弟4人で『ユムリ・イ・スス・エルマーノス』 を結成。デビュー曲「Crocodrid de agua sala」は、10週連続ヒットチャート1位を記録した。
1997年に活動の拠点を日本に移し、リーダーバンド「ルイス・バジェ&アフロキューバミーゴス!」を結成。
華やかなトランペットの音色はJAZZ・ラテンのみならず、TVCMでの参加楽曲は1,000曲を超え「ルイスのラッパをテレビから聴かない日はない」とも言われている。現在オンエア中のAJINOMOTOマヨネーズCM、資生堂TSUBAKI TVCMでは作詞曲・編曲・演奏も手がけている。
東京キューバンボーイズ、宮沢和史率いるGANGA ZUMBAにメンバーとして参加。矢沢永吉、RIPSLYME、ゴスペラーズ、八神純子、坂本冬美、福山雅治、小沢健二、ももいろクローバーZをはじめ、2017年以降もTHE YELLOW MONKEY、小沢健二、福山雅治、布袋寅泰のレコーディングやライブツアーにも参加。ロック、ポップス、ジャズ、ラテン、ソウル、演歌まで、あらゆるジャンルの垣根を越えて活動している。
オフィシャルサイト:https://luis-valle.com/
ルイス・バジェ トランペット

第2部スペシャルゲスト:???(ピアノ)
スペシャルゲストには今まさにジャズシーンをにぎわせる世界的ピアニストが参加決定!
詳細は10月中旬公開予定!続報をお楽しみに!!

MC
バードマン幸田
早大モダンジャズ研究会にてサックス奏者として活躍。1978年にタレントのタモリなど早稲田大学モダンジャズ研究会OBの共同出資で新宿のライヴスポット「J」を開店、店主となる。「J」から巣立ったミュージシャン、シンガーは小野リサ始め数知れず。昨年めでたく開店40周年を迎えた。
クラブオーナーとしてのみならずジャズフェスティバル、コンサート、各種イヴェントの企画、司会と多方面で活躍中。東北最大のジャズ祭「南郷サマージャズフェスティバル」の司会を通算15回、'07年からは夏の「斑尾ジャズ祭(2日にわたるジャズの祭典)」の総合司会も10年つとめた。
「ルパン三世・“天使の策略”」にはアニメキャラクターとして、又、赤塚不二夫生誕80年記念コミック”天才バカボンの時代なのだ!”には漫画物語に登場。
2018年10月に「Jazz Spot Jの物語〜バードマン幸田風雲録〜」が駒草出版より刊行される。


Jazz Spot「J」
TEL:03-3354-0335  E-mail n.w.e@jazzspot-j.com
オフィシャルサイト:http://www.jazzspot-j.com/
バードマン幸田 MC
プレイガイド
■ チケットCHOFU
TEL 042-481-7222(9:00〜19:00、第4月曜日休み・変則あり)
発売初日の窓口販売はありません。9:00から電話、インターネットのみ
(取扱窓口:調布市グリーンホール<休館日:毎週月曜(変則あり)>/調布市文化会館たづくり<休館日:毎月第4月曜とその翌日(変則あり)/調布市せんがわ劇場<休館日:毎月第3月曜日(変則あり)>)
■ e+(イープラス) 
http://eplus.jp (PC・携帯共通)
Jazz From The City vol.50
■ チケットぴあ(Pコード=158-840) 
TEL 0570-02-9999
購入はこちら
■ CNプレイガイド
TEL 0570-08-9999
購入はこちら
ファミリーマートでお支払希望の方はこちら

団体割引(10枚以上1割引。9月13日以降)、ハンディキャップ割引(障害者手帳をお持ちの方、500円割引)は、チケットCHOFUで購入時にお申し出ください。ただし、各種割引との併用はできません
未就学児の入場はご遠慮ください(保育サービス有)
2階席へのエレベーターはありません。階段をご利用ください
お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます
出演者・曲目は都合により変更になる場合があります
U22割引(アンダーにじゅうにわりびき)
チケット購入時の年齢が22歳以下の方を対象に、最大でチケット金額の50%を割引します。なお、割引率は公演ごとに定めます。
公演当日は、年齢を確認できる証明書(免許証、学生証など)をご用意ください
購入したチケットのキャンセルや購入後の割引の適用、差額の返金等はできません。また、他の割引と併用することはできません
保育サービス
保育サービスあり (1人1,000円・事前申込制)  
生後6か月以上の未就学児を公演中お預かりします。11/22(金)までにお申し込みください。定員になり次第締め切ります。
(株)ママMATE東京支店 TEL:03-6913-8484 (土・日・祝日を除く月〜金 9:00〜18:00)
本文終わり
ページのトップへ
芸術振興事業課 舞台芸術係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから