(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ講座・講演会ちょうふ市民カレッジちょうふ市民カレッジ 令和2年度前期5月以降開講講座について【内容・日程変更】No.6 浮世絵から読み解く江戸の食文化の魅力
前のページへ 
2020年4月24日 更新
印刷用ページを開く
【内容・日程変更】No.6 浮世絵から読み解く江戸の食文化の魅力
日程   土曜日(2回)14:00〜16:00
     14:00〜16:00


会場   1001学習室(たづくり10階)
     研修室(たづくり9階)
     ※実習ではなく、講義に変更します


講師   林 綾野(はやしあやの)
     【キュレーター・アートライター】


受講料  会員:2,500円、一般:2,700円


定員   40人(実習は各20人)


保育   あり

内容
絵画鑑賞の方法は色々ありますが、本講座では「食」というテーマに着目し、浮世絵をより楽しく見る方法を模索します。鰻を食べる女性、お寿司を楽しむ親子、雪降る中の蕎麦屋台など、江戸時代ならではの食文化を紐解きながら浮世絵の魅力に迫ります。
カリキュラム【日程・内容変更】
7/04 <講義>
   江戸の食を紐解き浮世絵を楽しむ
7/25 <講義>
   「浮世絵と江戸の食を楽しむ」  
講師からの一言
役者絵、美人画、風景画と浮世絵には色々ありますが、江戸の人たちの日常を何気なく描いたものもたくさんあります。その中から「食」をテーマに描いたものに着目し、江戸の食文化を紐解きながら、浮世絵の魅力に迫ってみませんか。
講師プロフィール
美術館での展覧会企画、美術書の企画、執筆を手がける。新しい美術作品との出会いを提案するために画家の芸術性と合わせてその人柄や生活環境、食への趣向などを研究。著作『フェルメールの食卓』『ぼくはヨハネス・フェルメール(絵本)』(講談社)など。
持ち物
エプロン、タオル(手ふき)、お箸
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
文化・コミュニティ事業課 文化事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから