(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ施設について調布市文化会館 たづくり劇場便利帳
 
2020年5月6日 更新
印刷用ページを開く
劇場便利帳
ホール打ち合わせや、利用の時にちょっと役立つ用語、構造、テクニックをお教えします!
  劇場を利用するとき、打ち合わせの時に・・・
「ここ、こうしたいけれど?なんて伝えたらいいのかな?」「ここって、どんな風になっているの?」と悩んだことはありませんか?
 そんな時、ちょっとでも知っててよかった!ちょっと役立った!を集めてみました。
 随時更新する予定です!
今さら聞けない・・・劇場のあれこれ
 
 劇場とは、演劇や歌舞伎、舞踊、オペラ、バレエ、コンサートなどを観客に見せるための施設です。
 でも劇場にも様々な様式があるのはご存じでしょうか?
1. 空間の片側が舞台、そのもう片側が客席になっている(プロセニアム形式、シューボックス型)
2. 舞台が客席に突き出し、多方向から客席が囲んでいる(張り出し舞台、オープン形式)
3. 舞台が空間の中央にあり、客席で取り囲んでいる(円形舞台、ヴィンヤード型)
大きく分けてもこんなにあるんです。
 
 様式は劇場の歴史の移り変わりでもあります。
 諸説ありますが、最初は舞台と客席という考え方はなく、演者を観客が取り囲むように形づくられていたのが(円形舞台、ヴィンヤード型)、だんだんと舞台に対して円弧状に客席が拡がる(張り出し舞台、オープン形式)になっていきました。その中で、客席の後方からも観やすいように舞台の高さは高くなり、客席も後ろに行くほど高く工夫されていきます。
 この形式は古代ギリシャで完成していたようで、古代ローマ時代に入ると、劇場はコロシアムのような巨大円形劇場が建設されるようになりました。
 
 そして、 キリスト教の台頭により宗教劇が生まれ、教会の中に「舞台」が造られるようになったのです。
 このことで、舞台と客席が対面する形が中心となり、空間も長方形となってきました。
 
 その後、19世紀にオペラの流行とともに現れたのがプロセニアムステージです。「額縁舞台」や、「閉じた舞台」とも表現されるこの様式は、観客と客席を完全に仕切ることで、大掛かりな舞台演出を可能にしたといわれています。
たづくりのくすのきホール、グリーンホールの大ホールがこの様式に当てはまりますね!
 
 
戻る
知ってるとちょっと便利 PART1 〜劇場の構造とその呼び方〜
 
 ここからは別紙のくすのきホールの平面図や写真を元に説明します。
 まずは基本的な舞台の構造と各部の名称からひも解いていきましょう!
戻る
舞台(本舞台)
演者が作品を演じるエリアです。
 
奥(舞台奥)
本舞台の奥の方をそう呼びます。
 
面(舞台面)
本舞台の前の方(客席側)をそう呼びます。面と書いて「つら」という読み方です。
 
客席側から舞台に向かって左側です。「しもて」と読みます。
 
客席側から舞台に向かって右側です。「かみて」と読みます。
 
舞台袖
上手と下手それぞれの、幕に隠れて観客からは見えないエリアです。

間口
 舞台面の幅のことです。「まぐち」と読みます。
 
奥行
舞台の前から、奥の長さのことです。「おくゆき」と読みます。
くすのきホールの舞台奥には・・・
 
舞台の奥の壁の裏に、客席からは見えないように上下の舞台袖を行き来できる通路があります。
 
知ってるとちょっと便利 PART2 〜幕の種類とその用途〜
 
 劇場には様々な幕(カーテンのようなもの)があります。
 それぞれに名前があり、それぞれに役割があるのです。
 主要な幕を見てみましょう!
戻る
@ 緞帳(どんちょう)
     プロセニアム・アーチのところにあり、公演の開幕と閉幕で昇降して舞台と客席を仕切る幕です。
 
 
緞帳の裏側って・・・
 
ちょっと見にくいですが、「火の用心」って書いてあります!
 
A 暗転幕
  緞帳のすぐ後ろに吊られている幕。大がかりな舞台転換をする時など、暗転にした状態では作業が難しい場合にこの幕を降ろして、明るい状態での転換が客席から見えないようにします。
 
暗転幕の裏側って・・・
 
当たり前ですが、裏も真っ黒です!
 
B 一文字幕(いちもんじまく)
   舞台上部にある照明や吊り物の見切り(観客から見えないよう隠す事)のために吊られている幕。舞台の奥行に応じて何枚か  
  吊られています。くすのきホールは3枚あります。客席に近い方から「第1一文字幕」「第2一文字幕」「第3一文字幕」と呼びま  
  す。くすのきホールは、第1一文字幕が「引割緞帳」となっていて、幕を閉めた状態にして昇降させる事で緞帳として使うことがで
  きます。
 
C 袖幕(そでまく)
   下手と上手の袖中が観客から見えないように吊られている幕。くすのきホールは3枚あります。客席に近い方から「第1袖幕」     
  「第2袖幕」「第3袖幕」と呼びます。
 
   舞台の中央から左右に引き分ける幕のことで、開いた状態の時は袖幕にもなります。
  くすのきホールは第2袖幕と第3袖幕の間に引割幕があり、普段は袖幕の役割をしていますが、舞台の奥行を狭くしたい時な   
  どに閉めることがあります。
 
E 大黒幕(おおぐろまく)
   大黒幕はホリゾント幕のすぐ前にあり、ホリゾント幕や舞台の後ろの壁を隠すために使われます。昇降するものや開閉する
  ものがありますが、くすのきホールは開閉するタイプで、普段は袖幕と同じところまで開いた状態で使用しています。
 
F ホリゾント幕
   舞台の最も奥にあり、舞台後部の壁を隠すとともに、主に舞台の背景として照明で色を付けたり模様を出したりするなどの
  演出効果を表現するための幕です。
 
知ってるとちょっと便利 PART3 〜バトンって何?〜
 先ほど紹介した、幕類はどこに吊り下げられているのでしょうか? 舞台上に立った時、上を見上げると、たくさんの照明器具が見えます。どこに固定されているのでしょう?
 答えは・・・バトンです。
 大道具用の吊り物を吊ったりするための機構で、吊れる物の重さの限界(耐荷重)が決まっています。上下に昇降できて、電動のものと手動のものがあります。
 くすのきホールは全て電動で5本あり、耐荷重は300sまでです。
戻る
バトンの種類にはこのほかに・・・
 
美術バトン(上添付写真のバトン)
 主に、背景幕や紗幕(しゃまく)、雪かごなど、大道具や演出効果のあるものを吊るバトンです。
 
照明バトン
 バトンにコンセントがついていて、照明器具を吊り下げる専用バトンです。
サスペンションライト・アッパーホリゾントライト・ボーダーライト(作業灯)などがあります。
 
 他にも、くすのきホールには、映像を投影できるスクリーンも、このバトンに吊られています!
知ってるとちょっと便利 PART4 〜たづくりの奈落の底はどこ?〜
 
 「迫り(せり)」という言葉は聞いたことがありますか?
 舞台の床面に昇降装置を施した機構です。
 役者や大道具を奈落(床下の空間)から舞台に上げたり奈落に降ろしたりする演出効果としての役割のものや、荷物を搬入口や舞台に運ぶエレベーターの役割だけのものなど、形は様々です。
 その下・・・つまり迫りで降りつく場所を「奈落」といいます。くすのきホールには「迫り」がないので、奈落もありませんが、グリーンホール大ホールには、荷物を搬入口や舞台に運ぶエレベーターの役割だけの迫りがありますので、奈落が存在します!
 グリーンホール大ホールの奈落の底は・・・大道具室です!
 グリーンホール搬入口駐車場入口付近に降り立ちます。
 
 さて、くすのきホールには「迫り」はなくても、「可動舞台」という名称の機構があります。
 本舞台の前半分を3分割、客席の前エリアを6分割にしてあり、それぞれ別々に昇降させることができます。客席側の可動舞台の部分は座席を外す事ができ、本舞台と同じ高さに上げて舞台を広くしたり、真ん中のエリアだけ上げて変形舞台を作ることができます。
 様々な様式で使えるように、工夫の施された劇場なんです!
戻る
知ってるとちょっと便利 PART5 〜音響反射板って?〜
戻る
 
 音楽を演奏する時、音響効果を上げるために(音を反響させるために)用いられる機構で、舞台の天井・左右・後部を可動壁で囲います。
 お風呂場で歌ったとき、反響してすごく気持ちよく歌えたことはありませんか?まさに、広い空間を囲うことによって、その反響状態をつっくっているのです。
 ホールによってその組み立て方は様々です。ほとんどは、奥に行けば行くほど屋根は低くなり、間口は狭くなり、舞台の前に行けば行くほど屋根は高くなり、間口は広くなります。
 この形・・・よく見ると何かに似ています。
 そう!拡声器です!
 遠くへ音を届けたい・・・同じ目的ですね!
更新しました!
戻る
本文終わり
ページのトップへ
企画課 施設管理係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6145  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから