(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ伝統調布能楽odyssey調布能楽odyssey 急 新作能関連講演会 調布の歴史・文化を学ぶ〜深大寺を中心に〜
 
2020年9月9日 更新
印刷用ページを開く
調布能楽odyssey 急 新作能関連講演会 調布の歴史・文化を学ぶ〜深大寺を中心に〜
2020年10月8日(木)、10月22日(木)
各回共通 14:00〜16:00
グリーンホール小ホール
10/8、22両日とも定員に達しました。現在10/22分のみキャンセル待ちを受け付けています
ページ内リンク
11月23日(月・祝)くすのきホールで上演します「新作能 月魄 深大寺蕎麦の能」の公演に関連した講演会を講師のリレー形式でお届けします。作品の題材である深大寺及び深大寺周辺の歴史や文化についてご紹介します。
深大寺 仏像の写真
写真提供:深大寺
開催日  1回目 2020年10月8日(木)
     2回目 2020年10月22日(木)

     各回共通 開場   13:30 開演   14:00
終演   16:00(予定)
会場   グリーンホール 小ホール      ※当初の会場から変更になりました(変更前:文化会館たづくり 8階映像シアター)
入場料  無料
定員   110名(申込先着順)      ※未就学児の入場はご遠慮ください      
講師   1回目 立川明子(調布市郷土博物館学芸員)      2回目 赤城高志・菱沼沙織(深大寺学芸員)
協力   調布市郷土博物館 深大寺
内容
10月 8日(木)
「深大寺周辺の考古学的状況―深大寺城跡を中心に―」 講師 立川明子
  深大寺に近接して,国史跡深大寺城跡が所在しています。深大寺城跡は戦国時代前期に扇谷上杉氏の陣城として築かれ,その立地については,周辺の地理的・歴史的環境とは無関係でなかったと考えられます。深大寺城跡を中心に,周辺遺跡の発掘調査成果から見る深大寺周辺の中世期の状況を概観します。

10月22日(木)
T部「深大寺と指定文化財」 講師 赤城高志
  深大寺は、奈良時代の天平5年(733)に満功上人が開創したと伝えられる天台宗の古刹(もと法相宗)です。江戸時代に二度の大火に見舞われながらも、東日本最古の国宝仏である釈迦如来像(白鳳期)をはじめ数多くの寺宝を所蔵しています。寺の指定文化財を紹介しながら、深大寺の歴史を紐解きます。

U部「深大寺の元三大師像とその周辺」 講師 菱沼沙織
  元三大師は平安時代に活躍した天台宗の高僧、慈恵大師良源のことです。叡山中興の祖といわれ、古くから除災の本尊として尊崇を集めてきました。令和2年3月に都の有形文化財に指定された深大寺の元三大師像(鎌倉時代〜南北朝)の造像背景や、近世近代の元三大師信仰の実態に迫ります。
申込方法
電話・インターネット申込フォームからお申し込みください。

【申込受付】 ちょうふアートプラス会員 9/9(水)9:00〜 / 一般 9/11(金)9:00〜
10/8、22両日とも定員に達しました。10/22のみキャンセル待ちの受け付けをしています

【電話】042-481-7611(9:00〜19:00)

【インターネット】
インターネット申込みを締め切りました。

 

以下の申込フォームからお申し込みください。

申込みにあたり、以下の項目をお伺いします。
1 お名前
2 お電話番号 
3 年代
4 ちょうふアートプラス会員先行期間は会員番号
戻る
当日について
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、お席の間隔を空けて着席いただきます
※ご来場の際は、マスクの着用、手指消毒、検温にご協力ください
※体調がすぐれない場合は、ご来場をお控えください
※新型コロナウィルス感染症拡大防止策を講じて実施します。皆様のご理解とご協力をお願いします
本文終わり
ページのトップへ
芸術振興事業課 舞台芸術係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日(変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから