(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ美術展示室調布市武者小路実篤記念館移動展「愛と美の宝庫」 〜実篤記念館収集名品展〜
 
2021年1月8日 更新
印刷用ページを開く
調布市武者小路実篤記念館移動展「愛と美の宝庫」 〜実篤記念館収集名品展〜
2021年1月9日(土)〜 2月28日(日)
10:00〜18:00 ※1月12日(火)〜2月7日(日)は17:30まで
調布市文化会館たづくり1階展示室
入場無料
作品の画像
「冬瓜と南瓜」武者小路実篤 1966年
紙本墨画淡彩 昭和60年度収集
会期   2021年1月9日(土)〜 2月28日(日)

休館日  1月25日(月)・ 26日(火)      2月13日(土)〜 16日(火)
時間   10:00〜18:00※1月12日(火)〜2月7日(日)は17:30まで
会場   文化会館たづくり1階 展示室
入場料  無料
主催   公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団、一般社団法人調布市武者小路実篤記念館 
後援   調布市教育委員会      J:COM       調布FM 83.8MHz     
図巻の画像
「曲江行楽図巻」池大雅 1750年頃 紙本墨画淡彩 実篤愛蔵品 平成6年度収集
内容
調布市武者小路実篤記念館は昭和60(1985)年10月に開館してから、令和2年に35周年を迎えました。
当初は昭和51(1976)年の武者小路実篤没後、武者小路家より調布市への寄贈された作品・資料約1700点(うち愛蔵品約200点、8割は図書)が収蔵品の柱でしたが、開館以降、「武者小路実篤、白樺、新しき村」に関する作品・資料を中心に積極的な収集活動を行ってまいりました。その収集品は現在6万点を超える数となり、展覧会や閲覧、調査・研究など様々な活動で活用し、また、後世に貴重な品を残すために保存活動を進めています。
収集品の多くが、武者小路実篤記念館の活動への信頼と後世に作品・資料を伝えてほしいとの思いから寄贈されたもので、このほか、調布市が計画的に購入してきました。
収集した作品・資料は、実篤の原稿、書簡、書画、愛蔵品、図書・雑誌のほか、交流のあった日本の近代文学・美術界を代表する人々の作品や資料、新しき村の活動記録や会員の作品など、幅広いジャンルにおよびます。
本展覧会は、実篤記念館の35年間の収集品の中から、文学作品の代表作である「愛と死」(昭和14年)、「真理先生」(昭和2425年)の原稿、40歳頃から描き始めた書画の数々、新しき村で暮らした当時の日記「気まぐれ日記」(大正1213年)、実篤の愛 蔵品から池大雅「曲江行楽図巻」、夏目漱石の実篤宛書簡や「禅堂風景」(淡彩画)など、名品の数々を展示します。
また、寄贈品については寄贈者が託した思いとともにご紹介します。
これらを通し、良質な作品・資料をご鑑賞いただくとともに、調布市武者小路実篤記念館の収蔵品の内容の豊富さを、多くの方々にご紹介する機会といたします。
蔵品の内容の豊富さを、多くの方々にご紹介する機会といたします。
書簡の画像
夏目漱石より武者小路実篤宛書簡 大正3年1914年12月21日 実篤愛蔵品 平成14年度収集
関連事業
【中止】■ 講座「実篤記念館 収集物語」
開館当初から携わってきた学芸員が、展示作品を中心とした収蔵品の収集にまつわるエピソードをご紹介します。
 
日時
令和3年1月24日(日) 13:30〜15:00
場所
調布市文化会館たづくり 8 階 映像シアター
講師
福島さとみ<(一財)調布市武者小路実篤記念館事務局長・学芸員>
参加費
無料
定員
50 人
申込み
往復はがき 令和3年1月10日(日)必着
詳細は下記を参照
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止となりました。
■ 日本近代文学講座
日本近現代文学を専門とする研究者を講師に迎え、『白樺』や実篤周辺の文化についてお話し いただきます。
 
日時
令和3年2月23日(火・祝) 13:30〜15:00
場所
調布市文化会館たづくり 8 階 映像シアター
講師
松本和也(神奈川大学教授)
参加費
無料
定員
50 人
申込み
往復はがき 令和3年2月9日(火)必着
詳細は下記を参照
申込方法
往復はがきの往信面に@希望する講座名、A応募者全員の氏名 ふりがな 、B年齢、C郵便番号、D住所、E電話番号、を返信面にご自身の宛先を明記の上、締切日必着で武者小路実篤記念館(〒182‐0003調布市若葉町1‐8−30)までお送りください。
応募は一つの講座につき1枚。1枚につき2名まで応募可。ただし、応募者全員の必要事項を記入してください
応募者多数の場合は抽選
定員に余裕がある場合は、締切後の翌開館日午前9時から講座開催前日午後5時まで、武者小路実篤記念館にて電話(電話03-3326-0648)で受け付けます 先着順
調布市武者小路実篤記念館について
武者小路実篤が昭和30年〜51年まで、晩年の20年間を過ごした邸宅(現:実篤公園)の隣接地に昭和60年10月に開館しました。実篤の絵や自筆原稿をはじめ、友人の作家・画家の作品などを約5週間ごとに入れ替えて、展示しています。調布市文化・コミュニティ振興財団と協力して移動展を開催し、より多くの方にその業績を紹介します。

調布市武者小路実篤記念館ホームページ http://www.mushakoji.org
本文終わり
ページのトップへ
文化・コミュニティ事業課 文化事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから