(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ音楽クラシック公演徳永二男(ヴァイオリン)×堤 剛(チェロ)×練木繁夫(ピアノ)トリオ 〜偉大な芸術家の思い出 part.2〜
 
2016年12月28日 更新
印刷用ページを開く
徳永二男(ヴァイオリン)×堤 剛(チェロ)×練木繁夫(ピアノ)トリオ 〜偉大な芸術家の思い出 part.2〜
出演者の画像
徳永二男 堤 剛 練木繁夫
©Hikaru Hoshi ©鍋島徳恭 ©大窪道治

公演日  2017年5月30日(火)
開 場  18:30 開 演  19:00
会 場  グリーンホール 大ホール
料 金  全席指定      【ぱれっと倶楽部会員】S:3,600円 A:2,700円      【一般】S:4,000円 A:3,000円      【U22(22歳以下)】 S:2,800円 A:2,100円
発売日  ぱれっと倶楽部会員  2月16日(木)      一般  2月23日(木)
出演者  徳永二男(ヴァイオリン)      堤 剛(チェロ)      練木繁夫(ピアノ)
   ホール座席表    チケット購入方法
内容
日本クラシック音楽界を長年牽引し続けるベテラン演奏家による、気品と風格溢れるアンサンブルをお楽しみください。

【プログラム】
♪ベートーヴェン/ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 「大公」 op.97
♪チャイコフスキー/ピアノ三重奏曲 イ短調 「偉大な芸術家の思い出」 op.50
出演者情報
【徳永二男(ヴァイオリン)】
人気、実力ともに日本を代表する演奏家。
1968年、文化庁在外派遣研修生としてベルリンへ留学。ミシェル・シュヴァルベ氏に師事。長年NHK交響楽団のソロ・コンサートマスターを務める。ケルンの現代音楽祭、ベルリンのサヴァリッシュ氏との室内楽コンサート、ニューヨークのカーネギーホールでの室内楽コンサートなどにも出演。
1994年N響退団以降、ソロや室内楽で目覚ましい活躍を続けており、モントリオール響やイギリス室内管をはじめ多くのオーケストラとも共演。
1996年から宮崎国際音楽祭の総合プロデューサーを経て2011年からは音楽監督を務めている。
近年は指揮活動もスタートさせており、東京フィル、広島響、宮崎国際音楽祭管弦楽団などと共演している。
2015年は、ティボール・ヴァルガ・シオン国際ヴァイオリンコンクールの審査員を務めた。
2016年には、楽壇生活50周年を迎え、多くの記念公演を行う。
CDは、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ全集、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集や、パガニーニのカプリースなどがリリースされている。
自らの名前を冠したシリーズ・コンサートをはじめ、全国で数多くの演奏会に出演する傍ら、教育者としても優秀な演奏家を数多く育てている。
2016年度文化庁長官表彰を受ける。
桐朋学園大学特任教授。

出演者の画像
          ©Hikaru Hoshi
出演者の画像
            ©鍋島徳恭
【堤 剛(チェロ)】
名実ともに日本を代表するチェリスト。
桐朋学園子供のための音楽教室、桐朋学園高校音楽科を通じ齋藤秀雄に師事。1961年アメリカ・インディアナ大学に留学、ヤーノシュ・シュタルケルに師事。1963年ミュンヘン国際コンクール第2位、カザルス国際コンクール第1位入賞。現在に至るまで、日本、北米、ヨーロッパ各地、オーストラリア、中南米など世界各地で定期的に招かれている。
2009年秋の紫綬褒章を受章。2013年、文化功労者に選出。
数多くのCDをリリースしており、2013年には堤の古希を祝って日本の名だたる作曲家たちが書き下ろした新作を収録した「アニバーサリー」(マイスターミュージック)がリリースされ、絶賛を浴びている。
1988年より2006年までインディアナ大学の教授を務め、2004年より2013年まで桐朋学園大学学長を務めた。
2007年9月、サントリーホール館長に就任。
【練木繁夫(ピアノ)】
1976年ツーソンのバイエニアル・ピアノ・コンクールと1979年ピッツバーグのスリー・リヴァーズ・ピアノ・コンクールで1位に輝いた。これまでにボストン響、シカゴ響、ピッツバーグ響、ワシントン・ナショナル響等と共演。アメリカ国外でもメキシコ国立響、フランス放送管、そしてN響を含む日本の主要なオーケストラと共演。また、1976年より、チェロの巨匠ヤーノシュ・シュタルケルとともに世界各地を公演した。2009年紀尾井ホールでの「デビュー30周年記念リサイタル」は、各方面から高い評価を得た。室内楽奏者としてもヨーロッパ、アジア、北米のコンサートやフェスティバルに数多く出演。
1993年第24回サントリー音楽賞を受賞。1990年シュタルケルと収録したD.ポッパーの作品のCDが、グラミー賞のソリスト部門にノミネートされた。1997年にはオール・シューマン・プログラムの「パピヨン」が、文化庁芸術祭賞作品賞を受賞。1981年〜2015年まで
インディアナ州立大学で教鞭をとった。
現在、桐朋学園大学教授、国立音楽大学招聘教授、相愛学園大学客員教授、エリザベート音楽大学非常勤講師、霧島国際音楽祭企画委員。
リサイタルのみならず、室内楽、オーケストラ共演と幅広く活躍中。
出演者の画像
            ©大窪道治
プレイガイド
■ 調布市グリーンホールチケットサービス
TEL 042-481-7222
 
■ 調布市文化会館たづくりインフォメーション
TEL 042-441-6177
 
■ インターネットチケットサービス(要会員登録
https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/

■ 調布パルコ1階総合サービスカウンター(店頭販売のみ)
TEL 042-489-5111
 
■ e+(イープラス) 
http://eplus.jp(パソコン・携帯共通)
 
■チケットぴあ
http://t.pia.jp (Pコード:320-782)
TEL 0570-02-9999
 
 
発売初日に限り、調布市グリーンホールでは9:00から窓口販売開始。電話・インターネット予約と調布市文化会館たづくりでは10:00から販売を開始します
団体割引(10枚以上、2月23日以降)、ハンディキャップ割引(500円)は、グリーンホールと文化会館たづくりで購入時にお申し出ください。ただし、会員割引等との併用はできません
未就学児の入場はご遠慮ください
プログラムは都合により変更になる場合がございますので、ご了承ください
お買い求めいただいたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます
本文終わり
ページのトップへ
グリーンホール事業課 グリーンホール事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから