(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
Billingual
Chinese
korian
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ地域イベント出張ステージレクチャー「狂言を楽しむ in 仙川」
 
2017年2月9日 更新
印刷用ページを開く
レクチャー「狂言を楽しむ in 仙川」
3月22日(水)に調布市文化会館たづくりで開催する
「大蔵流狂言」公演に関連したアウトリーチ事業(出張ステージ)を調布市せんがわ劇場で実施します。

狂言の解説、実演鑑賞、体験コーナーを交えたレクチャーをお楽しみ下さい。
開催日 2017年2月21日(火)
--------------------------------------------
時間 15:00〜16:00(14:30開場)
--------------------------------------------
会場 調布市せんがわ劇場
--------------------------------------------
出演(講師) 善竹大二郎(善之会 狂言師)
--------------------------------------------
入場料 無料
--------------------------------------------
定員  各回120人(当日先着順)
    
講師 善竹大二郎 (善之会 狂言師)
昭和56(1981)年生。善竹十郎の次男。

父及び祖父故善竹圭五郎に師事。
5才で『靱猿』の小猿役で初舞台。後に「末廣がり」「千歳」「那須」「三番三」「釣狐」を披く。

東京を中心に活動し、全国の小学校、中学校、高等学校、また養護学校、特別支援学校にて、狂言の普及に尽力する。
海外公演(ブラジル、ウルグアイ、ベネズエラ、韓国、ポルトガル、イスラエル)も多数参加。

2004年〜2006年 くらしき作陽大学邦楽部非常勤講師。

2013年 駒澤大学国文学科、一年生の初年次教育(全三回)において、外部講師として狂言を教える。(継続中)

2014年 一般財団法人茶道宗偏不審庵の依頼により、重要有形文化財一条恵観山荘にて、狂言を勤める。

2015年 西洋音楽(バイオリン、アコーディオン、コントラバス)と狂言のコラボレーション企画、音楽狂言『寿来爺(スクルージ)』において、ディケインズ作『クリスマスキャロル』を翻案狂言にし、脚本長屋晃一、演出善竹大二郎が担当し、主役(スクルージ)を父が演じ、語り手、マリ蔵と過去、現在、未来の精霊の5役を一人で演じる。

駒澤大学文学部国文学科卒。公益社団法人能楽協会東京支部会員。

(オフィシャルHPより)
プログラム(予定)
・狂言の解説(レクチャー) 約15分

・狂言の実演鑑賞 演目「盆山(ぼんさん)」 約15分

・体験コーナー (狂言の構え、発声、感情表現) 約30分
善竹大二郎 オフィシャルサイト
 
3/22(水)「大蔵流狂言」公演情報ページ
会場アクセス(調布市せんがわ劇場)
京王線仙川駅より徒歩4分
本文終わり
ページのトップへ
コミュニケーション課 コミュニティ振興係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6171  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから