(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ講座・講演会ちょうふ市内・近隣大学等公開講座ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 武蔵野美術大学 受講生募集
 
2017年11月1日 更新
印刷用ページを開く
ちょうふ市内・近隣大学等公開講座 武蔵野美術大学 受講生募集
【入場無料・要事前申込・各30分前開場】
総合テーマ
美大は日常が想像以上!
 
「アート」とは、「デザイン」とは。意外にも身近な美大の学びをワークショップや座学を通じて伝えます。
 
武蔵野美術大学のホームページはこちら
日時・会場 講師 テーマ説明 申込開始日時
第1回
12月8日(金曜日)
19:00〜20:40
 
文化会館たづくり
8階映像シアター
川口起美雄
(武蔵野美術大学 油絵学科教授)
「絵を描く、絵を読む」
   
フレスコ画から出発した絵画がどの様な道のりを経て現代の姿になっていったのか。時代により、地域により画家たちが何を考え何を描いてきたのか。その足跡を追い、絵画の隠された意味を考えてみます。
調布市内の方:
11月17日(金曜日)
9:00〜
 
調布市外の方:
11月24日(金曜日)
9:00〜
 
定員:100名
第2回
12月22日(金曜日)
14:00〜15:40
 
文化会館たづくり
11階第2創作室
棚橋早苗
(武蔵野美術大学 非常勤講師)
※申込多数のためHP申込みは終了いたしました
ワークショップ「しめ飾りをつくってみよう」
別途教材費500円(材料代) ※当日集金
 
自分の家のしめ飾りを、自分の手でつくってみませんか?収穫を終えた後の稲わらから、輪型の飾りをつくります。
 
※飾り付けを工夫したい方は、お持ちの飾りをご持参ください。
 親子での参加大歓迎!!
調布市内の方:
11月17日(金曜日)
9:00〜
 
調布市外の方:
11月24日(金曜日)
9:00〜
 
定員:24名
 
講師紹介
講師 川口起美雄(かわぐち きみお)
プロフィール
1951年 長崎県生まれ
1974年 オーストリア・国立応用美術大学に在籍
ウィーン派のウォルフガング・フッター教授のもとで、ブリューゲルを中心に北方ルネッサンスの混合技法を習得。ヴェネツィア・ブダペストに滞在
2013年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科教授着任(現在に至る)
 
【主な個展】
1977〜2013年
青木画廊、日本橋三越、名古屋松坂屋、ギャラリー椿、セントラル絵画館、彩鳳堂画廊
 
【受賞歴】
1985年 「第28回安井賞」入選
1986年 「第30回安井賞」佳作賞 *新潟市美術館保管
主な著書等 【パブリックコレクション】
神奈川県立近代美術館、東京オペラシティアートギャラリーなど
 
 
講師 棚橋早苗(たなはし さなえ)
プロフィール 名古屋生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。丸善(株)にて自社WebサイトとOnLineBookShop立上げ、大学OPACなど本とWebに関する仕事に携わった後、筑波大学修士課程に進学、修了。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学助手を経て、現在はフリーランスデザイナー、武蔵野美術大学非常勤講師。「観察ラボ」代表。「ひみつ基地」代表。「地球永住計画」共同研究員。
主な仕事は国立科学博物館「グレートジャーニー 人類の旅」展(2013)公式ガイドブックデザイン、武蔵野美術大学の「教員プロフィール集」「学生手帳」「防災マニュアル」等。ひみつ基地では捨てる資源の有効活用として革小物を制作、「小平駅前壁画プロジェクト」では「小平の自然」を題材に「生き物のつながり」を学生と表現。
主な活動等 「人間とはなにか・どう生きればよいのか」を考え、「自然と人間の共生」を目標にフィールドワークと観察・採集を行いながらデザインにできることを模索。活動は「仕事・教育・研究・自主活動」の4_軸で、企画・編集・デザイン、取材・調査等のフィールドワーク、講師、ファシリテーション、研究等を行う。
講座の見どころ
講座の見どころ ルネッサンス期に確立した絵画技法の基本は500年に渡って、その時代により、また、風土生得的に形を換えながら現在へと繋がっています。本講座では15〜17世紀の諸技法の実際を提示し、美術鑑賞・制作の本質に触れます。
講師からの一言
既に絵を描いたことがある方や美術館で作品を鑑賞するのが好きな方など、アートに興味がある方は是非、お気軽にご参加ください。
 
講座の見どころ 私たちは現代の便利な生活の中で、ついついなんでも買うことが当たり前になってしまっています。素材を自然の中からいただき、自らの手で何かを作り出すことは、今ここに自然とともに生きている実感と、自分でつくることができるという喜び、ひいては生きていく自信につながる行為だと思います。
ワークショップの前には、武蔵野美術大学が持っている様々なしめ飾りもご紹介します。
講師からの一言
日本にはお正月になると玄関などにしめ飾りを飾る風習があります。そのしめ飾り、みなさんは購入していますか?
毎年飾る人も飾らない人も、来年のお正月のしめ飾りを、自分の手でつくってみませんか?
申込方法
電話(042-441-6150)または、下記申込フォームよりお申し込みください。先着順に受け付けます。
電話受付時間:9:00〜21:30
※お申し込み後に出席できなくなった場合は、キャンセル待ちの方にご案内いたしますので、必ずご連絡ください

【受付開始日】
調布市内の方:11月17日(金曜日) 9:00〜
調布市外の方:11月24日(金曜日) 9:00〜
保育サービス
専門のシッターにお子さまを預けて、講座を受講することができます。
【対象】
生後6か月以上の未就学児
【費用】
1人1回1,000円
【申込】
株式会社ママMATE東京支店
03-6913-8484へ(祝日を除く月曜〜金曜9:00〜18:00)
※要事前申込 定員あり
【締切】 
各講座実施日の1週間前 まで。
定員になり次第締め切ります。
【場所】
調布市文化会館たづくり7階 保育室
【時間】
講座開始10分前から講座終了10分後まで
【持ち物】
おむつ、着替え、バスタオル、ごみ袋、お気に入りのおもちゃ など
【支払方法・キャンセル時の取り扱いなど】
株式会社ママMATE東京支店へお問い合わせください
お申込はこちら
12月8日(金)19:00〜20:40
文化会館たづくり8階映像シアター(定員100人)
本文終わり
ページのトップへ
たづくり事業課 たづくり事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-33-1 調布市文化会館たづくり7F【休館日:毎月第4月曜とその翌日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-441-6150  Fax: 042-441-6160
メールフォーム: こちらから