(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団
TAC
100年後の君へ
メールを送る サイトマップ
ホーム
財団について
施設予約
チケット予約
よくある質問
アクセス
色の変更・音声読上げ
Billingual
English
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ映像調布シネサロン調布シネサロン 活動弁士&生演奏付 サイレント映画ライブ 『第七天国』
 
2018年4月14日 更新
印刷用ページを開く
ポスターのイメージ
(1927年/117分/DVD/モノクロ)

公演日  2018年7月14日(土)
開場   13:30 開演   14:00
会場   グリーンホール 大ホール
料金   【ぱれっと倶楽部会員】900円 【一般】1,000円      【小学生以下】500円
発売日  【ぱれっと倶楽部会員・一般】5月18日(金)
監督   フランク・ボーゼージ
出演   ジャネット・ゲイナー      チャールズ・ファレル ほか
活動弁士 澤登 翠
演奏   カラード・モノトーン(楽長:湯浅ジョウイチ)
0歳から入場可、2歳以下ひざ上無料
出演者情報
澤登 翠




活動弁士 澤登 翠(さわと みどり)│ 台本、語り
法政大学文学部哲学科卒業。故松田春翠門下。

日本の伝統話芸「活弁」の第一人者として、国内を始め、仏、伊、米他海外に招聘され公演している。洋画、現代劇、時代劇とレパートリーも豊富。活弁の継承者としての活動が評価され、これまでに文化庁芸術祭優秀賞、文化庁芸術祭優秀賞、文化庁映画賞他を受賞。無声映画鑑賞会での公演を基盤にフィルムセンターや各地の映画祭での公演、大学他での講座、TV番組のナレーション、朗読とその活動は多岐に亘る。2015年、「文藝春秋」に掲載の「日本を代表する女性120人」に選出、2017年3月には松尾芸能賞特別賞を受賞している。









     演奏 カラード・モノトーン
     楽長:湯浅 ジョウイチ/作・編曲、ギター、指揮
     ヴァイオリン:古橋 ユキ フルート:鈴木 真紀子
     ピアノ:杉本 顕子 パーカッション:木村 泰造
出演者のイメージ
1994年に結成された無声映画の伴奏音楽(生演奏)を担当する西洋楽器と和楽器とを混成した専属合奏団。ピアノ、フルート、ヴァイオリン、太鼓、パーカッション、三味線、ギター等によって構成。日本独特の活動写真の音楽を地道に研究し、無声映画全盛期における伴奏音楽の再現に取り組む一方で、映画音楽における新機軸を打ち出し、好評を博している。現在、澤登 翡、坂本 頼光らの活動弁士と共に各地で行っている公演活動は年間数十回(ミニユニットによる演奏も含む)に及ぶ。高度な演奏技術と共に、日本におけるサイレント時代の映画音楽を再現出来る数少ない演奏家集団としても高い評価を受けている。
湯浅 ジョウイチと杉本 顕子は調布市在住。古橋 ユキと鈴木 真紀子桐朋学園大学卒。
楽長:湯浅 ジョウイチ
楽長:湯浅 ジョウイチ
【特別コラム】サイレント映画は今見るからこそ、おもしろい! (株式会社マツダ映画社 松戸 誠)
戻る
 映画が発明されて約120年、その内最初の約40年間、映画には音声がありませんでした。所謂、無声映画の時代。とはいえ、音のない映画を静かにじっと見つめていた訳ではありません。欧米では、劇場の規模によってオーケストラからオルガン演奏まで様々な形態の生演奏と共に、加えて日本では活動弁士と呼ばれた語り手までついて、賑やかにライブで映画、当時は活動大写真を楽しんでいました。
 活動弁士、正式には映画説明者とは、今風に申しますとナレーターであり、登場人物すべての役をひとりでこなす声優であり、弁士用の台本まで書くまさにスーパークリエイターなのです。
 時空を超えて色褪せない名作を、活動弁士の絶妙の話芸と場面を一層盛り上げる楽団の生演奏で楽しむ「サイレント映画ライブ」は、まさに劇場で完成する映画なのです。劇場に足を運ばなければ、“今”しか見ることの出来ない貴重な映画体験を是非ご堪能下さい。



映画のまち調布
調布市内には、日活調布撮影所、角川大映スタジオと、2ヶ所の大型撮影所があるほか、高津装飾美術株式会社、東映ラボ・テック株式会社、東京現像所など、現在も数多くの映画・映像関連企業が集まっています。

そのきっかけとなったのは、昭和8年に多摩川撮影所が作られたことから始まります。撮影所がこの地に作られた理由は、後に調布市長となり、「カツドウヤ市長」と呼ばれた本多嘉一郎の回想によると、「時代劇・現代劇どちらの撮影にもふさわしい自然環境やフィルムの現像に欠かせない良質な地下水があった。」とのことです。
昭和30年代の日本映画全盛期には、大映、日活に加えて独立プロダクション系の株式会社調布映画撮影所(現多摩川2丁目あたり)の3ヶ所で映画が作成されるという活況を呈し、調布は「東洋のハリウッド」にたとえられました。

これを記念して、かつて大映撮影所の敷地内だった多摩川5丁目児童遊園の一画には、「映画俳優之碑」と「調布映画発祥の碑」が建てられています。
プレイガイド
■ 公益財団法人 調布市文化・コミュニティ振興財団
調布市グリーンホールチケットサービス
TEL 042-481-7222 (9:00〜19:00。月曜休館。変則あり)
調布市文化会館たづくりインフォメーション
TEL 042-441-6177
インターネットチケットサービス(要会員登録)
https://www.ticket-mngt.net/chofu/pt/
 
■ 調布パルコ総合サービスカウンター(店頭販売のみ) 
TEL 042-489-5111
発売初日に限り、調布市グリーンホールでは9:00から窓口販売開始。
インターネット及び電話でのご予約とその他プレイガイドでの販売は10:00から開始します。
団体割引(10枚以上1割引)、ハンディキャップ割引(500円)は、調布市グリーンホールと調布市文化会館たづくりで購入時にお申し出下さい。(各種割引等との併用不可)
0歳児から入場可。2歳以下ひざ上無料
お買い求め頂いたチケットのキャンセル・変更・再発行等はいたしかねます。
本文終わり
ページのトップへ
グリーンホール事業課 グリーンホール事業係
〒182-0026
東京都調布市小島町2-47-1 調布市グリーンホール【休館日:毎週月曜日( 変則あり)、12月29日〜1月3日】
Tel: 042-481-7611  Fax: 042-484-3009
メールフォーム: こちらから